スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビが家にやってきた

今日は、ちょっと疲れた。


テレビが家にやってきたのだ。


職場の忘年会で、「ホームシアターセット」っていうのをもらって・・・私は、スクリーンに映画を映すヤツだと思って喜んだんだが、違った。

アンプ内蔵のDVDプレーヤーに、スピーカーが6個。フロントとセンター、ウーファー、リアスピーカーがある。


でも、メジャーなメーカーのやつじゃない。


実は、私、17インチの15年前のテレビを使っていた。


・・・・これに5.1chホームシアターガーン

(いや、昔は自分の部屋にテレビなんか無かったから、こいつが来たときは、すごく嬉しかったんだ)


ってなわけで、しばらくでっかい箱が部屋にあった。


年末に実家に帰ったときに、酔っ払った父にそう話したら、「TV買ってやるお酒お母さんが、いっぱい貯めてるから買ってくれる」と。


で、その夜、母親がパソコン教室で使ってるノートPCで調べた。めぼしもつけた。


翌日、父はすっかり忘れていた。。。。


でも、帰り際「TV買ってくれるって言ったよね・・」と、ボソッと言ってみたら、買ってくれた。母じゃなく、父が。


言ったことは守るのがポリシーなのか?


実家の近くのヤマダに行って、ザーっと見て。

一応、ブルーレイとかHD内蔵とか。説明を聞いてみたり・・、画像の違いを質問してみたり。


父は、「これが綺麗だ」と、画像重視らしい。REGZAのZシリーズを見つつ言った。「やっぱり画像だ・・」と。


私がぐるぐる売り場を回っていると、「これでいいだろ?」とREGZAのRシリーズを指差した。

Zシリーズの下にあったんだよ。見比べたら、Zシリーズの方が断然綺麗なんだけど、比べなければ気づかないと。


面倒くさくなったのかな・・・。


「これでいいの?!?!?」と逆に聞いてしまった。


あっという間に買っちまった。。。


まぁ、こっちは買ってもらう身だし、映像にそれほどこだわりはないし、2画面とかいらないし・・・REGZAは重低音がイマイチらしいんだけど、前述のプレーヤーとスピーカーを使えば映画は問題ないしわけだし、内蔵HDとかだと故障したとき大変そうだし・・。


今週は、お部屋の片付けで疲れた。「そうじ力」なる本まで購入してしまった(・・・掃除しろ)。


届いたTVは、輝いていた。40vで、私の部屋には、ちとでかい気もしないではないが・・・。


レッスン前にプレーヤーの接続までして、龍くんとアート・オブ・ヴァイオリンを観た。さすが17インチブラウン管とは違う。バイオリニスト達の指使いがはっきり見えるよ・・。


でも、TVのスピーカーともらったスピーカーでの音の違いがよく分からない。。。


レッスンの帰りに、ビックカメラでちょっと買い物した時に、「マイケルジャクソンの「This is it」観たら違いが分かるかも??」と思いたったのだが、発売は1月27日らしい。予約しよう(その方が安い)。


今のところ、大変なのは、デスクトップPCと17インチTVをテレビ台に置いていたので、そいつらの場所が無いこと。


なもんで、腹ばいでこのブログを書いている。なんとかせねば・・。


曲☆決定!出れるのか?!

1ヶ月お休みしている間に、発表会の日程が決まっていた。



11月の最後の日曜日。午後1時~。



曲目は、生徒が決めて良いということになっていたので、

私は、今レッスンしている「ユーモレスク」にしようと思っている。



本当は・・・原曲のままで弾きたかった・・汗



けど、そう言ってると、なんもかんもいつ弾けるか分からんっ!

ので、スズキ教本に載ってる「ユーモレスク」でよいかな・・と。

ピアノの伴奏を付けてくれるらしいので(詳細は不明)、こんな私のユーモレスクもきっと素敵に聴こえるのではっ?!



9月・10月はレッスンをお休みするかもしれないので、実は練習時間はあまり無いし・・。

迷ってたジブリ(久石譲)系(「ぽにょ」ではない)は、また次の機会でもいいし(あるのかは分からんが)。

一人で弾ければいいし・・w



てなわけで、曲目決定!

後は、出れるかどうかだな・。出たいけど、出れるかな・。


Latin Classica vol1

今日は、先生のライブがあったので、吉祥寺の曼荼羅に行ってきた。



名前は聞いたことのあるライブハウスだったが、普段この手のところにはまったく出入りしないので(そうねぇ・・5年に1回くらいは行くか・・)、異空間にウキウキした。



今回は、誰でも知っているようなメジャーなクラシック曲などをラテン風に演奏するというプロジェクト(?)ライブであった。知ってる曲だからか、会場の雰囲気が良かったからか、バンドのメンバーが上手いからか・・・。ちょっと音楽の技術的なことは分からないんだけど、感覚的なことなら私でも言える。



すっげぇ楽しい~っラブラブラブラブ



なんだこれ?っていう、理由の分からん楽しさだった。



先生のバイオリンも、前回のキューバンカフェでのライブより全然いい音で・・・。他ギター、ベース、パーカッションも心地いい黄色い花不思議だ。どこがどう違うんだろう・・。




せっかくのライブだったが、先生のバイオリンのところ以外は、いつもどおり妄想していたUFO

眼鏡をかけていなかったからか、パーカッションの2人が、EXILEに見え・・。ベースの人は、少年漫画に出てくるニヒル系のキャラに見え・・・。ギターの人は、前より老けて見えた(けど、休憩中に重い扉を開けてくれるというジェントルな態度に遭遇し、優しい・・ラブラブ!のねぇとオバチャン心は、かなりくすぐられたw)。



今日のライブ、CDにしてくれないかなぁ。。とかとか。



第2弾があったら、また行きたいな音譜


キャベツです(活気が違う・・改題)。

本日は、昨日の人差し指のケガの状態を診てもらうため、高○医院へ。

(空いてるなぁ・・・。病院て結構行ってるんだが、ここまで閑散としてるのは初めて。)


で、包帯をほどいたら・・・色が・・・。

素人目にもちょっと・・・。

痛みはあんまりないんだけど、それも逆にどうなんだ?と不安が生まれる・。



先生も診察後、包帯を巻きながら、「・・・・外科の先生に診てもらったほうがいいかもしれませんねぇ・・。」と。


今日は18時頃に行けたので、最寄の整形外科(+皮膚科と内科)を紹介してもらった。(4日間で辞めた病院に行かずにすんだよ・・)ついでに本日の医療費は、紹介状代のみ・・・。これは良心的ということなのか、、、。明日、レセプト審査担当部署の人に聞いてみよう。



紹介してもらったのは、自宅から100M程の××クリニックなんだが、賑わいブリにビビッた。19時でも続々患者がやってくる・・・。整形は老若男女需要があるよな。皮膚科はちと分からんが、夫婦で開業したのかな・・。内科も標榜してるからか熱発した乳児を連れたお母さんや、ゲホゲホと咳をしてる人たちもいる。。


「整形外科で・・・新型インフルとかには感染したくないなぁ。。」なんて非道なことを思ってしまった。

小さい医院では、いろんな症状や病気の人がいるのは、分かってるんだが・・・(内科で傷の手当させたヤツもいるし・・)。



小一時間待って、名前を呼ばれた。整形は滅多に行かないが(昨年突如ランニングしてみた時に足を痛めてかかったきり・・)、ノリが軽いDr.多い???内科に入院した時に、整形は「雰囲気違うから」って看護師さん達が教えてくれたのを思い出す。よほど重篤な方を除いては、ある部分以外は元気なわけだから、そうなんだろうと思った。けど、Dr.もエネルギー漲ってる人多いんじゃないか?



診察では、「24時間経ってる?」と唐突に聞かれた。23時間30分程なんだけど・・。

高○医院の先生が丁寧な紹介状を書いてくれたようで、事情はあんまり聞かれなかった。

患部を診て、「あ~、削いじゃった感じ?24時間経っちゃうと縫ってもくっつかないことが多いんだよねぇ。」と、早口で話すクリニックのDr.。


私の場合は、削いじゃってる感じなので、「自然に肉(?)が盛り上がってくると思うから、多分大丈夫だよ」と。。でも「皮膚の再生は難しいかもしれないから、跡は残るかも。」と。肉は大丈夫で、皮膚は駄目??ちょっとノリがよすぎて、理解できなかったが、、、。肉+皮膚が患部に被さってるから肉は再生するだろうが、皮膚部分は血流が止まってるので、死んじゃう。ってことかな。。。


嫁入り前、エンゲージリングももらってないのに、左手に傷・・・。軽くショックだなぁ。。嫁入り後であっても、違う理由でショックなんだろうが・・。



すっげー早い説明だったので、あってるか分からないけど、得た情報は以下

・指先は毛細血管がめぐってるので、出血がなかなか止まらないこと。

・指先に近いので、場合によっては痺れや麻痺などが残る可能性があること。

・縫合したのと機能的と比して、劣らないテープ(3M製)で止めること。

・包帯じゃなくて、それと同じかそれ以上の機能を持つテープを巻くこと。

・皮膚には血が行ってないと思われるが、その判断には4~5日かかること。

・2日置きに消毒にくること。


で、今日はこうなった(台所で撮影)↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-指のケガ2


「ちなみに何切ってるときに切ったの?」って聞かれた。




「キャベツです。」




高熱が出たときに、高○医院に行くか、××クリニックに行くか迷っているところ。。


指を切ってしまった・・・。

今日、夕餉の仕度をしているとき、左手の人差し指を切ってしまった。

キャベツの千切りをしてたんだが、先日新しい包丁を入手したもんで、調子に乗ってたか・・。


切ったのは、人差し指の第一関節の横。猫にゃーの手忘れてた・・。

垂直にザクッじゃなくて、ささがき風にスパッと。

さすが切れ味いい・・・。



痛みもなく・・・・皮だけ?と思ったら、皮だけじゃない・・・気がする色味。。。

皮だったら剥いちゃえ・・と思ったんだが(剥いちゃ駄目みたいよ)、剥いたら若干指の形が変わりそうなくらいの傷・・。



とりあえず止血・・を試みる。止まんねぇ・・・。20分止まんないってことは、やっぱ皮じゃないのか。。?



ふぅ・・・。



どうすっかなぁ。。。これで救急車呼んじゃまずいよな・・。



ウチには、外傷用の医薬品がまったくないので、「マキロン(と必要だったら他も)くらい買っとくか・・・」と薬局に向うべく、家を出た。

(あ、唯一、大阪の会員さんにいただいた「吉本興業バンドエイド(芸人の絵が描いてある)」は持ってるんだけど、あんまり機能的ではない。)



家を出て気づいたんだが、歩いて15Mくらいのところに「高○医院(内科)」というのがあった。あんまり人の気配を感じていなかったので(夜と休日しか前を歩かないせいと思うが)、「行かないだろうなぁ・・・」と思っていたんだが、行ってみた。自分でマキロンするより、100倍以上はマシなはず・・・とか、失礼なことを考えて・・。


20時半過ぎで診療時間は終わってたけど、まだ看護師さんもいて、先生もいて(住んでるから?)、応急処置をしてくれた。どうも「縫う?」的なことをNs.が聞いてたけど、「いや、圧迫止血」と先生。そっからまた20分くらい、先生にジーーーーーーっと押さえてもらって・・。


で、こうなった↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-指のケガ


「血が止まらなかったら、外科の先生に縫ってもらわないといけないねぇ・・」と先生。

先生がちょっと考えた後に教えてくれたのは、以前私が就職して4日で辞めた病院だった・・・。「大学病院に行くほどじゃないからねぇ」って。


その病院には、心情的にあんまり行きたくないなぁ。出血しないといいなぁ。。。汗



とりあえず、しばらくバイオリンの練習はお休みしようと思う。

てか、今日明日は、無理っぽいw。ついでに屈伸運動で、傷口が開いても嫌なので・・・全治1週間くらいか??と、自己診断。



なんというか、この程度でも、けっこう不便だよ。

せっかく買った・・・明日食べようと思ってたのに、むき辛いよな・・。安かったから買っちゃった玉子があと9個あるけど・・・。



どうも食べ物のことしか頭に浮かんでこないけど・・。



まぁ、時々はこういう不自由も体験しておかないと、いろんなことに鈍感になるので(うーん、バリアフリーとか電車で席を譲るべき場面とかで・・)、逆に良かったかな。少しの辛抱でいいんだから。



あ、明日も行くんだけど、「高○医院(内科)」のお医者さん、感じの良い人だったので、行きつけにさせていただこうと思う(そんなに行くなよな・・シラー)。


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。