スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふかわりょう&タカラヅカ・・・Ole!

昨日は3週間ぶりのレッスンだった・・・が、昼間、大学時代の友人らとランチナイフとフォークして、ビールとワインワインを各2杯ずつ飲み・・・、帰りに先生と飲みビール、結構な酒量だったのか、お酒に弱くなったのか、、、グルグルしてしまい、メモが書き終わらなかった。。なので、半分は昨日書いた分。



フリマリー音階教本_p9 Eminor

音程が・・・・。やっぱり上手くない・・。

最初の音(主音)と5番目の音(属音)が大事なので、その音だけでもチューナーでチェックしてみることになった。

チューナーをいちいち見てると、頭がこんがらがる・・・ため、それは免除された。

ちなみに最後の音の前は「導音」というらしい・・・。なんか前も聞いたことあるような気がするが・・すっかり覚えていないショック!


新しいバイオリン教本2

58_ガボット(Lully)

楽譜を見ないで弾くように言われ・・・。が、無理だった。覚えてない。昼からの酒のせいではもちろんない。



大事なところ(か、覚えにくいところ)から暗譜するよう心がけるように言われた。。。これも言われたことがあるような気がするが・・。


覚えられない・・(ついつい年のせいにしたくなるが)、覚えようと意識して弾くことで、音色も違ってくるらしい。



59_ロマンス(Rieding)

途中までで良いと言われていたのだが、なんとか全部は弾いてみることができた。でも必死キラキラ


先生に何度か笑われた・・カエル



曰く「音楽的でないハートブレイク」とのことだった。



あぁぁぁぁ叫び



後半部分、割と好きな箇所なのだが、練習してる時も「体操を思い出すなぁ。。」と思っていたトコロで一番笑われた気がする。

私の高校には、オリジナルの体操があって、体育のときには毎回それをやってたんだが、そんな感じに弾いていた。ラジオ体操まではいかないところがミソ。



で、「音楽的に弾くドキドキ」ため、おそらく今までで一番熱のこもったレッスンとなった。。。。



①からだの動き

まず最初のダメ出しは、「膝をカクカク」させてはならない。であった。拍をカウントするために、膝を軽く屈伸させるという(冷静に考えれば)オカシイ技を編み出したのだが・・・ダメだった。基本的にバイオリンは上下させてはいけないらしい。かなり上級者になれば、バイオリンを弾きながら踊ることも可能になるようだが、今時点では無理。てか、リズムは右足のつま先で取れば良いとのことであった(その時の重心は左に)。


次にDownの時とUpの時に身体の重心を移動することを教わった。Downの時は左に、Upの時には右に。

すると・・・・よくソリストなどが、弾いているのと同じような感じになるんだそうな。。。あの素敵な感じに私も!?


あああああ。色々説明を聞いてる間に、脳裏を過ぎったのは、ふかわりょう&タカラヅカだった。

「この左右の重心移動は、たしかふかわりょう がやってなかったっけ???」

「この熱い感じ?は、タカラヅカ を思い出さない???」



などなど、どうでもいいことを想像してしまった。

今見たら、ふかわの重心移動は全然違っていて、どっちかっていうとスキーの重心移動のときのストック(弓)のような感じ。


②強弱を意識する

楽譜には強弱記号が書いてあるが、まったく意識していない。でかい音は出しづらい・・ていう住環境の理由もあるし、余裕がないというのが一番の理由か。大きい音を出す時は弓を長く使う、小さい音のときは弓を小さく使うことを習った。


③記号を意識する

ロマンスにはフェルマータ、テヌート、「<>(ヘアピン)」がついてるんだが、これらをきちんと弾く。ビブラートもきちんとつける。。


と、もっと音楽的な演奏ができるらしい。



さっき弾いてみたけど、まず重心移動ができない汗

いきなりは無理ってことなんだろうか。。上達していけば、勝手に動くものと思っていたが、ある程度意識的に動かすことも大事なのだな。



スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。