スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーモニクス(フラジオレット)

昨日記録漏れたため、追記。


ロマンスには「ハーモニクス(フラジオレット)」という技法が出てくる。

これがその音符↓
ishizaruのバイオリン マジメ*モ-ハーモニクス


今回は、「ナチュラル・ハーモニクス」という技法で、開放弦を使って弾く。音符では「ド」なんだが、ハーモニクスの技法を使うと、なんと「ソ」の音が出る・・・。


(「アーティフィシャル・ハーモニクス」というのもあるらしいんだが、そっちは左手の人差し指と小指を使うみたい。もっと上達すれば出てくるんだろうか・・。)


で、ハーモニクスの技法ってのは、どんなんなんだ?っていうと、普通は指板にくっつくように弦を押さえて音を出すんだが、ハーモニクスのときは指板と弦は着けない。弦は浮かせたまま。でもその音程の場所を押さえて音の振れをうまいことすると、ちゃんと決まった高い音が発生するらしい。(・・・・「うまいこと」で集約しちまった汗


そういう音を「倍音=周波数(音高、ピッチ)が基音に対して2以上の整数倍になっている の成分。(Wikipediaより)っていうことまでは分かった。


・・・・ここが文系人間の弱いところで、ウィキペディア他、詳しく書いてくれてる人もいるんだが、すっごいザックリとした理解しかできない。。。


ま、いっか。そういうもんだと思っておこう。



参考:Wikipedia(倍音)



大阪教育大学の物理学研究室の学生さんの卒業研究↓が、私には分かりやすかった。

大阪教育大学種村研究室(村田さんの卒業研究)





ちょっとURLの端っこを削ってウロウロすると・・・・あ、小・中・高校生向けコーナーって書いてある・・・ペンギン


納得・・・ww





そうそう・・・本日、3rdポジションの課題「かえるのうた」を弾いてみたところ、G線な上に、今までより自分に近い位置で弓を動かすからか、3回ほどで二の腕が疲れた。バイオリンの練習以外に筋トレも必要かもしれない・・。

スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。