スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またあしタンバリン♪

今日は帰りに、突然思い立ってウォーキングかたつむりしてしまったため(一駅だが)、帰宅が遅れた。

でも練習。調弦中はミュートを着けていないので、多分下か隣の部屋には聴こえているよなぁって、ちょいビクビクしている。


35メヌエット「ドン・ジョバンニより」は、拍子を取り間違えそうなので、メトロノームを使った。3/4拍子なので、1小節に3拍なのだが、八分音符に合わせて弾こうと6拍毎に「ポーンベル」と鳴るようにした。たぶん・・「ポルカ」引きずってる・・っぽい、私のメヌエット・。おかしなリズム。でもなんとか合ってきたぞ!と思ったら、重音で同じように弾く後半部分で「キーーーーーッ、キーーーーーッ」って言い始めた。


な、なんなんすかっ叫び?!


Bowingがおかしいのか、ミュートの着け方がおかしいのか・・。分からんのですが、解決している暇はないので、そのまま弾いた。とりあえずテンポを覚えなくっちゃっ。これ、「騒音です」・・アイタタ・・・。


昨日、モーツァルトを冒涜するようなこと書いたせいか?と、実は意外と信心深い性質なので「罰当たりなこと言っちゃったよ・・ガーン」と後悔しながら、次の36マジャールの踊りを練習。


すっごい大雑把なイメージで弾く。行ったことないし、地理も歴史も弱いのでよく分からんが(・・・でも、大学は社会科教師になるコースだった。教師にならなくて、本当に良かった。)、アラブ系の人が踊ってるイメージで弾く。さっき調べたらマジャール(=ハンガリーあたり)は、アラブじゃなかった・。


後半の重音はspiccatoという技法で、弓を弾ませて弾くのだけども・・・。弾むことは弾む。意外と簡単じゃん?これでいいのか?


と、いうか弾むんだけど、、、。ホラーな映画の効果音みたいな音色が出てきた・・。昔、これにピッタリな怖い映画観たなぁ・・。題名忘れちゃったけど、割と有名なやつで、人里離れたところにある素敵なお屋敷に引越したか、冬を過ごすためだかで訪れた家族が次々何かに殺されるという映画だった。思い出したら、追記しよう。

・・・『シャイニング』(1980/監督 S.キューブリック/主演 J.ニコルソン)だった。すっごい怖い。必見ドクロ


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-シャイニング


ともかく悲惨な音が響いたよ、今日の練習。


気分転換にこれを見た。。バイオリンを検索するとよく出てくるんだよね。

COWCOW (YOUTUBE)」


いい具合に力抜けるなぁ。。


おつカレ~パー

スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。