スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bowing 矯正ギプス?

今練習中のポルカは、バイオリンを『フィドル』と呼ぶ方たちには定番「アイリッシュ」のダンス系の曲らしい。

なもんで、身体をリズムに合わせて動かすことを「可」ってことで弾いてみたけど、慣れない人間がそういうことすると弓もメタメタになる。。。ま、すごい演奏家が弾いてるところを見ると音楽に合わせて身体も動いているので、自然のままに任せることとする。上達すれば、嫌でも動くだろう。。。まだ無理だ。

「アイリッシュ」は超興味あるので、弾けるようになったら挑戦したいと思う。『フィドラー』になりたいわけではないのだが、アイルランドでみんなでビールやワイン+たらふく夕食を食べた後に、カッコよく弾けたらいいなぁっていう妄想。かなりのあがり症なので、そこ狙ってると実現は困難と想定されるのだが、ま妄想だから。


今日、また見つけてしまった・・・。音程もネックなのだが、Bowingもイマイチなので、これってどうだろう・・。

Bow Right


これは、去年の24時間テレビで義手の女の子がつけてたかも。

Bow Guide


着けてるけど・・・・Violin Bow Right Device (YouTube)


以前、先生に教えてもらったラップの芯と効果は違わないかも・・。


さすがにオカシナ小物に手を出すことがためらわれてきたので、こいつはやめとく。買いそうになったけどかお


レッスンでBowingを注意された時に、弓毛が「テール側」を向くよりは、むしろ「自分側」を向いてるほうがGoodって言われたんだけど、人が弾いてるところ見ると「なるほど~」って分かる。


とりあえず、自分が弓を見たときに見えてる角度と、そのときの弓の位置を鏡などでチェックしていく方が堅いかもしらん。あ、音色の違いも注意しないとダメか。消音器邪魔だな。


もしかして、これが「買い」だったら、、、、てのが、ちと不安だけど、まぁいいや。

スポンサーサイト

Comments

1. おやおや。  

またまたオタクグッズ購入を検討中ですか(笑)
でも、ちょっと待った!

あれなら、鉛筆と輪ゴムで作れるよヾ(^▽^)ノ
今度作ってあげるね♪
2. 愛器の見た目がぁぁぁ。。。  

まみちゃんせんせい、
鉛筆ですかっヽ(*'0'*)ツそ、想像・・・し易すぎますww念のため太めのゴム持参します。。。
愛器がどんどんオカシナ見た目になっていくことが・・wただただ申し訳ないです。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。