スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘いだ。

本日は、今年初レッスン。おとそ気分も引きずっておりウキウキ。少し早めに着いてしまったので、教室近くのLawsonでこれ買ってしまった。

すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト(茂木健一郎)


買った理由は、単純にシューベルトが好きなのと茂木さんに興味があるから。あと初見の本を買うときに必ず見る増刷数もまあまあだったから。この本を読もうと思って入ったヴェローチェは、タバコの煙がモクモクで・・・しかもバイオリンケース持っててこんなん読んでるのも、意外とかっこ悪い?なんて思い・・・まだ数ページしか読んでいない。


さて、レッスンでは「何度も同じことを言われている」ことについて、先生からフォローがラブラブでも、、、詳細は忘れてしまった。あちゃーショック!バイオリンてのは、究極的には5~6個ほどのテクニック(弓の位置、強さ(だったかな)等々)で奏でるものなので、毎度同じこと言われるのはある程度仕方の無いこととのこと。完璧にできたら、神の域ってことかな。つーわけで、今年も同じこと言われつつも、少しは上達したいと思いますチョキ


音程も「日々闘い」だそうだ。私は音感が無いもんで、当たり前なんだけど、音感のある人でも音程を合わせるのは大変なことらしい。そういえば龍君もオデッセイの中で、毎朝音階練習を欠かすことなくやっていると言っていた。そっかーーー。。。。どうやら天才も逸材も、突然には生まれないらしい。積み重ねか。継続は力・・は、常々感じていることなので、納得した。


メン・コン

半音のところが緩いらしい・・。誰かさんがチェックされたらしき音を私も注意されたよ。あ、でもみんなここ緩くなってるんだ目と、ホッとしたりして・・。

メンデルスゾーンのコンチェルトは「メンコン」というが、ベートーベンは「ベトコン」、ブラームスは「ブラコン」と略すらしい・・。音楽脳になっていないため、「ベトコン・・南ベトナム解放民族戦線?!」「ブラコン・・・(省略)?!」と脳内で関連づかず・・叫びよどみなく発するようになったら、私も晴れて音楽系かね。


アンダンテ(ハイドン)

メン・コンでも注意されましたが、音の強弱。これって今まであんまり意識していなかったので、いざやるとなると難しい・・。すっかり忘れた強弱記号もちょこちょこ調べていかないといけないなぁ。。


勇士はかえる(ヘンデル)

スポーツ好き(見るだけ)派には、たまらない表彰式での定番曲。娘のバイオリンを「豆腐屋?」と言い放った父も同じ血で、この曲は「ほぉわんわん」っと聞いていた。が、この曲でも音程がぁぁぁ~~~。いまだファーストポジションではあるが、E線のドやファ、新しく習ったA線のシ♭など指広げなくっちゃならんようになって、知らない間に手ごと動かしていた。ダメダメ・・・動かすのは、手じゃなくって指だけコツは左手の親指をFIXグッド!

今週の重点課題だなっ。


今日のレッスンでは、久々に復帰した友人のうさえさん、先生と3人で「Gloria」を弾いた。楽譜に書いてあった題名は忘れちった。。みんなで弾くのは、とにかく楽しいニコニコ自分の音がわかんなくなるけどw


レッスンが割りと早い時間だったので、帰りに録音装置を物色。これhttp://www.logitec.co.jp/products/recadpt/licirec01.html を迷って結局買わず・・。変な小物とかはポンポン買ってるくせに・・。少し考えてから買おう。自分の音を聞かなければ!ヤマダで7,980円、ビックで6,980円だったよ。


今週の課題

・「新しいバイオリン教本2」-24勇士はかえる「マカベウスのユダ」からの合唱(ヘンデル)・・全弓で、ポジション注意

・「〃」-26A線上の変ロ音の練習

・「〃」-32ポルカ(Berkovitch)・・・シ♭注意

スポンサーサイト

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。