スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重音

隣室の電気が点いてたので、本日はチューニングと課題曲を数回、控えめに練習した。


課題の『雨だれ』(チェコ民謡)と『子供と子豚』(イギリス民謡)には、苦手の重音があり(2弦を一緒に弾く=和音?)、ネックです。


先生には、うまく音が出ない時は、弦と弓の位置をきちんと見るように言われるのですが、

私は、目をつぶってしまうクセがあります。「ひぇ~(。>0<。)」って。


言い訳をひとつすれば、、、消音器をつけていると弦と弓が接している部分は見えないのです。

次回のレッスンで、言い訳してみよう。。。無駄だけど。


教本の紹介サイトを見たら、今やっている教本の「64『リゴードン』までは、大人には恥ずかしい練習曲ですが・・・」と。


そうだよなぁ。。32才独女としても、少しばかり恥ずかしい。。次は『郵便屋さん』かなぁ。。

ま、童謡好きだし、歌うの好きだし、バイオリン弾くのも楽しいからいいや~さくらんぼがんばろ。


スポンサーサイト

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。