スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五嶋龍 ヴァイオリン・リサイタル 2012 ジャパンツアー (2012/11/30・川口リリアホール)

今日は、川口リリアホールで、五嶋龍くんのリサイタルを聴いてきた。うさえさんと。
DSC_0484_convert_20121130231942.jpg



ちょっと早めに着いたので、リリアホールの近くでお茶でもしようかと思ったけど、なんもない・・。てか、暗い
駅の反対側は割と賑わっているのに、こっちはこんな感じだったのか。。

初めての川口リリアホールは、いつも行ってるサントリーホールと比べると、
入り口が狭かったり(なぜかドア3枚分しか入口が開かない。関係者受付ってのは隣のドア2枚を使ってたけど、必要なのかしら・・?人がいっぱい並んでしまったので、ちょっとどうかと思ったよ)、
売店がこじんまりしてて軽食がお菓子しかなかったり(まー、コンスタントにプロのコンサートをやってるわけじゃないみたいだから、仕方ない。ロビーで飲食可能だから、なにか食べたい人は事前に購入すべし)、
トイレは個室が少なくて並んでるし・・(でも、これが普通かも。危機的状態に陥るほど長時間待つわけではない。サントリーホールのトイレが特別なんだよな)。

等々、調子が狂ったこともあったけど、メインホールはいい感じ

なにより舞台が見やすい。音はどうかなぁ・・。

今回の龍君のリサイタルは、12か所を11/21~12/9までの三週間に満たない期間で周るという、超ハードスケジュール。
観客女性率90%くらいと目算。さすがw

曲目は
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 へ短調 Op.80
(休憩)
2.パガニーニ:「うつろな心」による序奏と変奏曲 Op.38~パイジェッロの歌詞「水車小屋の娘」の主題によるヴァイオリン独奏のための~
3.ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 Op.12-2
4.ラヴェル:ツィガーヌ
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ピアニストは、おなじみのマイケル・ドゥセク氏(この人、人柄の良さがにじみ出てるおじさんである)

龍くんの演奏は、大人になったなぁというのが、一番の感想。
前回も思ったけど・・・今日は、前回よりいっそう、そう思った。

昔みたいなガツガツ感は無くなって、いい意味で心地よい。

時々、持ち前のキャラも見えるしw
なにより楽しそうに、ニコニコしながら弾いているのを観ると、幸せな気持ちになるよ~。

なんかしらんが、観客へのサービスもしているよ・・。いつの間に?!
最近、近くで観てないから、気付かなかったのかも。

24歳としては、ようやく普通の(語弊があるな・・)一流バイオリニストになった感がある。
オデッセイ・ファンとしては、感慨深い。

2曲目の途中で、弓毛が切れちゃってヒラヒラ。おばちゃんはやきもきw
3曲目の途中で、ちぎったけど・・その後も新たにヒラヒラw
曲間でちぎる。弓毛がヒラヒラなんて当たり前なんだけどさ。

先月聴いたクレーメルの円熟ぶりと比べるのは、酷だよな。
これから、徐々に徐々に熟していくのが楽しみになるな~。と、思ったのだった。

今日は、ピアノのマイケルさんの演奏にほほ~っっとなった。
この2人、いい感じ。

あと、アンコールは3曲弾いてくれた
DSC_0483_convert_20121130232030.jpg

嬉しいプレゼント。

1曲目のタイスの瞑想は、レッスンで、途中で投げ出してしまった曲なのでジーッと観ちゃった。
3曲目のクライスラーの美しきロスマリンは、好きな曲なので聴けて良かった。

3曲目の前に、龍くんが会場に向かって「・・・ありがとうございました!」って肉声でしゃべったのにビックリ。
なんて言ったかは忘れちゃった

こじんまりしたところだと、いつものことなのかな。
生声は初めて聞いた。(いや、サインしてもらった時に聞いたけど、文章じゃなかったし・)

そんなこんなで、女性ファンたちは興奮しまくりなのでした。
終了後のサイン会には、長蛇の列。
後ろの方の人、2時間くらい待つんじゃないか?

しかも龍くん、明日は函館・・。
若いとはいえ、仕事ってのは、大変だよなぁ。。

つーわけで、楽しい夜を過ごしたのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments


« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。