スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギドン・クレーメル Suntory Hall Special Stage (1日目・10/31)

レッスンをお休み中なので、久々のブログ更新。

ギドン・クレーメル(サントリーホール スペシャルステージ)を聴いてきた。うさえさんと。
DSC_0472_convert_20121031232841.jpg

私がクレーメルを知ったのは、半年くらい前。バイオリンの先生に薦められてCDを買ったのがきっかけ。
でもさ・・そんなに興味はなかった。

先生から来日のことを聞き、6月の龍くんのコンサートの時にチラシをもらったもんで、チケットを買ってみることにしたのだ。一番安いC席(¥4,000)。ステージの後ろの席ね。

入口でくれたパンフレット。
DSC_0475_convert_20121031233001.jpg
好きな感じのパンフ。中身が濃い。永久保存決定。

曲目
------------------------------------------------------------------------------------------
1)シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 op. 129(R. ケーリングによるヴァイオリン、弦楽合奏とティンパニ編曲版)
2)モーツァルト:ピアノ協奏曲 イ長調 K488
3)ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op. 61
------------------------------------------------------------------------------------------

クレーメルは1曲目と3曲目。2曲目は、カティア・ブニアティシヴィリさんというラトヴィア出身の女性ピアニストが弾いた。

初めてクレーメルを見た感想は・・・・・おじいちゃん??もとい、初老の男性。

1曲目、まずはクレーメルよりも、その弟子たちのクレメラータ・バルティカのレベルの高さに驚嘆。
素人なんで、うまいことは書けないが、音の質がこれまで聞いたアンサンブルの中でも格別だった。

クレーメルは、すごかった。でも、1曲目はちょっと抑え気味?又は、そういう曲なのかしら。
ソロ部分は、流石!って感じだったけど、目をつぶって聞いてたらウトウトしちまった。
いや、ウトウトは含み済みなので、むしろ気持ちいいんだが・。
ともかく、1曲目から会場の雰囲気は盛り上がった。

2曲目のモーツァルトのピアノ協奏曲を弾いたブニアティシヴィリさんは、
セクシーなドレスとめっちゃ高いハイヒールで登場。
ラトヴィアの血なのか、ノリノリ。見てるこっちも気分いい~。
あんまりピアノは興味を注いでなかったけど、引き込まれる演奏だった。
「溜め」がやばいくらい彼女の世界を作っていた。

アンコールで弾いてくれたリストの愛の夢は、繊細なのに深い音色で、今日の疲れがここで吹っ飛んだ。

3曲目は、クレーメル再登場。
大好きなベンコンですよ~。
しかもクレーメルのCDのベンコンを通勤時にしつこく聴いていた時期があり、ワクワク
なのに、興味なかった自分って・・  いや、そんなもんでしょ。


これはもう・・・素晴らしかった

バイオリン初心者的には、
・あんなハイポジの高音で、なぜにあんなに透き通った音が出るのか?とか、
・腹話術みたいな技法は一体何??
(弓を弦にこすり音を出しながら、左手で弾くという技。2人で弾いてるみたいに聴こえる。スゴ技なのか??)
とかとか考えつつ・・。我ながらアホな疑問なんけど。

独奏部分は圧巻だった。
ステージ後ろの席だったので、センターで弾くクレーメルの後ろの客席はまるで闇のようで。
クレーメルが、なんかこの世のものではないものが降臨したかのよう(ネ申?)に見えたのだった・・。
「あれ?疲れのせいかな?」って思ったけど、あの演奏なら不思議はないらしい。
と、演奏後の観客の反応で確かめた。みんな興奮していた。

うん。素晴らしかった。久々に感動した。あ・・演奏を聴いて感動って、初めてかもしれない。

そうそう。最後の部分は独自にアレンジしたらしく、ちっちゃい譜面を楽譜に貼ってた。
一生懸命折り目をまっすぐにしてるクレメル爺がかわいかったよ

アンコール曲
DSC_0471_convert_20121031232926.jpg

クレーメルのアンコール曲は、現代の曲っぽかったよ。
黄色いボタンが、牡丹なのか?洋服のボタンなのか?
うさえさんと協議したが、洋服につけるボタンじゃないかという結論。実際どっちなのかは知らない。

今日は、良い日だった。1日目でこれじゃ、最終日はすごいんだろうな~。
4日間のステージで、全部違う曲を弾くクレーメルは・・・おじいちゃんじゃないな。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments


Trackbacks

レッスンをお休み中なので、久々のブログ更新。ギドン・クレーメル(サントリーホール スペシャルステージ

« »

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。