スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽興の時 シューベルトは惑いまくり?

前回のレッスンをインフルエンザB型に罹ったせいでお休みしてしまい、2週間ぶりのレッスン。
その前日は、転職で長野に行ってしまったレッスンのお仲間とのお食事会だったのに、それにも行けず・・

4月1日付で、とても忙しい部署に異動になったので、平日の練習はほぼ不可能になった。
どうすりゃいいんだか・。仕方ないけど。

今週は、1回も練習せず、いつもはやるウォーミングアップもせずにレッスンに臨んだ。

フリマリー音階教本_p28 No.7_ ニ長調_1段目

先週気づいたのだが、フリマリー教本がヨレヨレに
教本の上の棚に、観葉植物を置いているので、水をこぼしたのかも

この課題は、頭じゃわかっているけど弾けないって感じ。

半音にクサビマークを付け、弓の速さは変えずにスラーがかかる音が増えたら、指を早く動かすことを注意した。

でもねー。1stから3rdに移動するのが、うまくいかない。

先生曰く、「練習不足」だそうな。

だよなー。

カイザー1_p8 
全然弾いていないので、なんとも言えないけど・・・音程がダメ。

四分音符は弓を長く。
他が八分音符なので、当たり前っちゃ当たり前なんだけど、先生に言われるまで気づかなかった

①レガートでは弓を少なく、②スタッカート(弓を止める)では①より弓は多め。

新しいバイオリン教本3_57楽興の時(シューベルト)
先月末、謎なところがあって先生にメールをしてしまった。(レッスン時間外にすみません

ここが謎だった↓
DSC_0274_convert_20120408002144.jpg

ミ♯に指番号が2つ

先生からは「1stで弾くのよ」とお返事があった。
今日のレッスンでも、それで納得したのだが、再度見るとまた「う~~ん?」と考えてしまった。

ミ♯をE線1の指で弾こうとすると、シはA線2の指なのだけど、
ミ♯をA線2の指で弾こうとするとシはD線2の指で弾けるかも?って、考えてしまった。

私は、1stで弾く

重音は、下の音を弾き→上の音を弾き→一緒に弾く
5度の重音は、同じ指で弾く。ベタっと押さえずに弦と弦の間を押さえるのがコツ

この曲は、大好きなシューベルトなんだけど、微妙。
装飾音と重音が多い。

でも、それよりも気になったのが、苦しい部分があること。
途中、楽しげになるけど、なんだかムリクリなんじゃない?

孔子は40にして惑わずと言ったけど、それより前に作ったのかしら?
調べてみたら、シューベルトは31歳という若さで亡くなったらしい。
惑いまくりといううことか

【今週の課題】
・フリマリー音階教本_p23 No.7_5段目 1st→3rd→5th
・カイザー1_5
・新しいバイオリン教本3_57楽興の時(シューベルト)
スポンサーサイト

テーマ : レッスン日記    ジャンル : 音楽

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。