スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月ぶりのレッスン アベ・マリア(バッハ_グノー)

先月最後のレッスンをお休みしたため、1ヶ月ぶりのレッスン。
今月に入ってからは、練習した記憶が無く、今日久しぶりにチョロっと弾いてレッスンへ。

フリマリー音階教本_p21 No.6_ No.1 変イ長調
課題はG線の音階なんだけど、練習不足だったのでE線からゆっくり復習してくれた。

久々すぎて指使いを忘れたり、家で弾いたときには第7ポジションまであがっちゃったり、ブランクは身体より先に脳ミソに影響があるらしい。

音が、ポジションが上がるにつれ、どんどん汚くなっていく。
弓がまっすぐ動かせていないせいらしい。鏡を見てチェック。
家では、弾いている姿なんて映して見やしない。やっぱ時々は見た方がいいんだろーな。

カイザー1_p6
前回のレッスンでメトロノームを使って、4音スラーと8音スラーで弓の速さを変えずに指を倍速にするよう言われたので、それは確かやった。

レッスンでは、テンポ70くらいで4音スラーを弾いた。これが超ゆっくりなので、気が遠くなってくるよ。
このスピードだと疲れるでしょうってことで、途中で小休止させてもらって、残りを弾いた。

何がダメっていうより、このスピードがダメ。でも、速く弾くとグダグダになるし・。
もっと速く弾けたら、小気味良い練習曲なのだが、今のままでは眠気を誘う。

ひとまずこの課題曲は、今練習している箇所がもう少し弾けるようになったら、違う課題曲をやろうということになった。
エチュードは、何度戻ってきても良いそうなので、いろいろ練習して戻ってきたら「簡単じゃ~ん」と思えるようになりたい。

新しいバイオリン教本3_56アベ・マリア(バッハ_グノー)
先生が伴奏を弾いてくれた。
ピアノがあると、自分の音がおかしいのが分かる・・。一人で気分よく弾いている時は分からない

多分、ひどくズレているんだろうな・・・。もーねー、過去は振り返らないから。これまではずした音程の数々は忘れる。
明日から意識する

後半部分で、第3ポジションから移動する箇所には2つのポジションが書かれている。←どっちでやってもいい。
最初は、カッコ書きで書かれている第3→第5でやるように言われたのだが、どうにも苦手で、第3→第4?にしてもらった。
けど、やっぱり第5で弾いた方がいい音がするってことで、第3→第5に戻った。

全然練習していないので、変わってもほとんど障りは無い気がするけど、できるかは分からない。

最後のアーメンのところの重音は、
弓を押し付けない。2本に均等に圧をかける。
→私はG線の音が大きくなっちゃう。むしろD線を大きくしても良い箇所。
最後は、消えるように終わる。
大きなビブラート

あ、 八分音符にもビブラートをかけること。

終わってから、レッスン前に聞いたパガニーニのカプリース24番を弾きたいと言ったら、「無理」と一蹴された。
やはりパガニーニは無理なのか・・。

最初のメロディのところなら、どうにか弾ける可能性はあるらしい。
そんなことを言う暇があったら、練習しろ!」と、つっこまない先生は大人だ。

【今週の課題】
・フリマリー音階教本_p21 No.6_ No.1 変イ長調
・カイザー1_p6 9段目まで。4音スラーと8音スラー。弓の速さに注意する。
・新しいバイオリン教本3_56アベ・マリア(バッハ_グノー)
スポンサーサイト

テーマ : レッスン日記    ジャンル : 音楽

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。