スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いよ。

本日のレッスンのメモ。



・フリマリー音階教本 p9 Bminor

お、音程・・・。これは音が高くなってくときに付いてる♯が、下がってく時に♭になり・・・。テンポもちょっと難しく(私には・・)。非常に痛いっす。


少し練習ができない期間があったのだけど、そういうときに一番影響が出るのが音程なんだと。音色は、、、そんなに急には影響はないらしい。これが指を沢山動かさなければならない曲を弾いているレベルだと、「弾けない・・・・」と思うらしいのだが、私は、まだまだそんなレベルじゃない。音程は・・・練習しててもできてないので、間空いて、できなくなってることも気づかないくらいできないので・・・。ふぅ。。。気をつけよう。



・チューリップ(3rd)

すっごいビミョーなチューリップチューリップ紫が咲いたよ。で、また笑っちった。

先生「(音程が)おかしいの分かるんじゃない!笑わないで、直しなさい。」と。すごいポジティブ指導だニコニコ私の場合、音程が合ってるかどうかは分からないんだけど、違ってると笑っちゃうんだよね。いかに笑わずに弾けるかを目指せば、音程は合ってくるのかもしれない・・。


どうも高めを弾いちゃってるらしい。3rdの時は、手をバイオリンのBodyに付けないようにと指導を受けた。

ヨッシカメがんばろう!



・ユーモレスク(ドボルザーク)

本当は3rdの入った練習曲なんだけど、今は1st用に指を変えている。


うーん。言葉だけでは説明しづらいんだけど・・。ビブラートを大きく弾くこと(特にゆっくりのところ(調が変わるところ))。あとE線のド・レと最後のハーモニクスの復習。

A線3の指のレからE線ドを4の指・次のシも4の指で弾くんだが、シの4の指はAの3の指にくっつけることを意識する。すると音程がぶれない。

最後のハーモニクスは、D線のラを4の指で押さえた後に動かす。しかも最後はほんのちょっと触れるくらいでレ。あと最後の部分は、できる限り長く伸ばす。そして小さく終わらす。そのために弓をゆっくり、最後の方は弓を指板の方に近づける。

あっと、弓のUPとDOWNを混乱しないこと!と、DOWNのあとにDOWNの記号があって、「ここ弓変えないと駄目っぽいけど、変えないで弾いちゃぁ駄目なんかね・・」と思っていたところは、やはり弓を回して(?)D+Dで弾かねばならなかった。休符のないD+Dなので、追いつかない・・・と思ったけど、そこはあえてD+Dでダイナミックに弾くらしい。できるか!?がんばれ!


・新しいバイオリン教本2-61コンチェルト(Rieding)

前半部分だけ。音程以外は・・・16分音譜の連符スラーもなんとか大丈夫だったらしい。が、この連符のスラーでクレッシェンドをつけなくてはならないことを指摘され(あ、譜面に書いてあるんだけどね)、無理~ドクロ

このところ練習時間が無いのだけど、次のレッスンまでの課題にしようと思う。なんだかんだといっぱいあって、できるか分からんけど。。。



今週の課題

・フリマリー音階教本 p6 E♭major・・・♭が3つだけど・・長調(理論は、既に習ったが聞いちゃった「♭付いてますけど長調?」。半音部分に注意すること。

・ゆかいな牧場(3rd)・・・イチロウさんの牧場♪

・新しいバイオリン教本2-61コンチェルト(Rieding)・・・できるところまで。3連符の前の4分音符の弓は少なめに。

・ユーモレスク

スポンサーサイト

Comments


« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。