スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家のテンポ・・・。

桜も咲いたってのに、寒いね。今日は、3週間ぶりのレッスン。


・フリマリー音階教本 p10 B♭major

うーん。これ苦手。分散和音が覚えられない。


・3rdポジション練習

うーん。これも苦手。チューナーを見ながら弾いているんだけど、音が合わない。うちでは、チューナーの調子が悪い(わけはないが、そんな気がする)。近所に気を使って、大きい音を出さないようにしているから、ちゃんと拾ってくれないのかも。


・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ)の後半

3音のスラーの最後の音にスタッカートがついてる。ここは2音で止めて弾くと良いらしい。

曲調が変わるところは、またまた遅かった。自分では「速い?」と思って、ゆっくり目に弾こうとしていたんだけど、間違ってたっぽい汗


苦手の重音・・・弓を止めて次の重音の準備をしてから弾く練習をするように言われた。なんか私の重音は酷い音なんだけど、この部分は、たいがいの人がメタメタとのことで・・・「自分がとりわけ酷いってことでもない」のか・・。


まぁ、初めて重音を弾いた時に比べれば、少しはマシになってきた気もするので、練習だなぁ。いつかはきっとまともに弾けるようになるだろう。


今週は、重音を重点的に練習しよう。

重音は、最初から2音が鳴らないと意味がないとのこと。ここが目標だなっ目


最後の「レ」には、指番号が「0」と「4」が書いてある。どっちかで弾けば良いのかと思ったら、両方で弾くみたい。G線の4とD線の0。これ、音が合わないと、台無し・・になるんじゃないか?


なんだかきっかけは忘れたが、私がゆっくり弾きすぎだからか・・?、先生が「大家のテンポ」という話をしてくださった。大家と呼ばれるバイオリニストは、ゆっくり弾くところはすっごいゆっくり弾くそうでかたつむり、それって結構難しいことなんだとか。


うーん。もちっとテンポ良く弾かねばならんということかなモグラ前も書いたけど、子供の頃に書道の先生に言われたことを、また思い出す。。。筆に勢いがないと字も弱々しくなるって。バイオリンもそうなのねぇ。


全然違う話になっちゃうけど、バイオリンは「科学」だと今日思った。とりあえず「感覚」より「科学的思考」でしばらく弾こうと思う。まずは基礎から。



今週の課題

・フリマリー音階教本 p11 Amajor

・3rdポジション練習 ScaleStudy18

・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ)の後半

スポンサーサイト

重音・やばい

練習は、土日に・・・と、思うのだけど、ヤバイ。


私の重音が、たぶん騒音・・・・。いや、間違いなく酷い音・・。


平日は、帰宅が遅いのでミュートを付けて弾いてみるけど、イマイチで。

土日は!と思ってミュート無しで弾いてみたら、ひどい・・叫び


間違いなく苦情出そう。。。ビクビクしながら練習。。


先日、新しいバイオリン教本のCDをダウンロードして、なんとか携帯音源で聴けるようにしたんだけども、重音部分は、そんなに易々弾けるわけないようで・・。


大変。



聴いてるほうが楽しい今日この頃

今日はレッスン後にブックオフでCDを買った。なんも考えてない適当買い・・・。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ

全部メニューイン。聴くのが楽しみだっ音譜


さて、レッスン。この前替えたインフェルド青は、私の楽器にはイマイチらしい。Visionを試してみることを薦められた。そんなに良い楽器でなくても、よく鳴るそうだ。次はVisionにしようニコニコ


・フリマリー音階教本p10 B♭major

難しい。指の位置が駄目だったらしく、図解していただいた。違う弦でも同じ場所を押さえるところと異なる場所を押さえるところを意識しなくちゃならんらしい。


・3rdポジション

これもやっぱり指の位置が駄目。くっつけるところとか離すところとか、まだまだつかめない。


・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ) の前半

リズムに注意して練習したんだが・・(「シブヤ・シブヤ・・・・・シンジュク・シンジュク」って)、先生がピアノをあわせてくれたら、あああああああ~~叫び 

おいらのシブヤは遅かったらしい。リズムを体得していないので、違うテンポに付いていけない自分。。ピアノに引っ張られまくり。


終いには、音程もずれまくり・・・先生に「合って無くてもいいって思って弾いてるでしょプンプン」と言われた。


いやぁ、そんなつもりは毛頭ないんだが、そう聴こえるのならそうなのかもしれないなぁ・・・。自分でも判らない心の奥底のことなので、反論もできず。


重音の部分では、最初から2つの音を弾くのではなく、1つ目をあわせ、2つ目をあわせ、そして2音を弾いて練習するように言われた。すると2音が響いてくるそうで・・・よく分からないと言ったら、「分かるまで弾け」と汗


ともかくゆっくり弾くように言われた。


なんだか今日の先生、毒々しい・・。イラついてる??私のせいか??ま、ヒトには色々あるので、気にしないでおこう。子供だったら、泣いちゃうかもね。おばさんは泣かないけど。


そうそう帰り際に駄目押しちゃったよ。最近、ヒラリーハーンのアルバムを良く聴いていて、パガニーニのヴァイオリン協奏曲第一番ニ長調作品6 Allegro spirituosoが気に入って「弾いてみたいんですけど」と言ってみた。


無理らしい(笑)


パガニーニだし、龍くんもコンサートで弾いてるくらいだから、無理とは思っていたが・・・。相当難しいみたい。ヤバイっ!先生のイライラをますます増幅させたかっガーン


なんだか聴いてるほうが楽しい今日この頃。上達したら、弾いてるほうが楽しくなるのかな。練習ガンバロっと。


今週の課題

・フリマリー音階教本 p10 B♭major

・3rdポジション練習(Preparatory sudiesin the Key of CMajor) 15~17

・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ) の後半(練習前にDdurを弾くこと)


« »

03 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。