スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフェルド青

気分を変えようと、昨夜0時頃に弦の交換。現在のインフェルド赤をインフェルド青に。Eはこの前買ったゴールドブラカット


ishizaruのバイオリン マジメ*モ



インフェルド赤(G~A) Eは、先日切れて保管しておいた古い弦を付けているので・・・たぶんオイドクサ(違うかも・・違った。たぶんオブリガート)。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ


ペグの方は赤い。やはりインフェルド赤だからか・・。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ


インフェルド青とゴールドブラカット(テールピース側は赤と同じねー)。G線が黒ずんでいる叫び・・・半年置いちゃ駄目なのか・・。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ



ペグ側は・・青い。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ

弦を交換した後のチューニングは、いつもビクビクなんだが(これでもかっ!ってくらいにペグを回しても、まだ低い・・)、この前の新年会でそのことを話したら、上級者の生徒さんが「新しい弦は切れないわよ~ニコニコ」と言っていたので、いつもより思い切り良く回せた。


深夜のため、曲は弾かずに+1ぐらいに調整して寝た。どうせ伸びるだろ・・・。


今日になって弾いてみたら、太い弦の方がずれてるみたい。太いから伸びシロがあるのか?


ところで、このペグボックスにつもった埃は、どうやって掃除したらいいんだろう・・・。綿棒?とりあえずふーって吹いてみたけど、変化なし。


そうそう音は・・・、赤に比べて明るいっちゃ明るいかね。。。。ゴールドブラカットは良い音。CP高い。

どうも最初に聴いた心地(感動?)が、ドミナントの方が良かったなぁ。またドミナントにしようかなぁ。。



スポンサーサイト

レコーダーは夏に。

なんかアメブロに字数制限ができたらしいので、今日のレッスン後の動きを別記↓



帰りにやっぱりビックカメラとLABIに行ってみた。またもICレコーダーを見る・・・。自分の弾いてる音、聴いてみないと駄目っぽい。楽器の音なので「リニアPCM」ってやつが欲しいんだよな。


去年はローランドのR-09HRっていうのを買おうと思っていたんだけど、オリンパスのLS-10とかLS-11が最近の売れ筋っぽい。SONYのも良さそうだけど・・・。


でもなぁ・・、結局なんでも良いんじゃないか?って気がしてきた。ウチに帰って、クチコミでもザーーーっと読んで買っちまえ!と思って帰宅したら・・・・部屋の更新書類が届いていた。


忘れてたよ、更新手数料。確か違法判決出てたよなぁ。でも、払わないってゴネるのも面倒。でも、この出費は痛い・・・。てなわけで、娯楽費であるレコーダー購入費の支出は夏まで抑えることに決定。ア~~~~モグラ


気分転換に弦でも替えてみるかな・・。


無になれるか・・・・。

今日は、ツレがタイに帰るので、見送りのため成田空港飛行機へ。でも、バイオリンのレッスンがあったので、豚骨ラーメンだけ食べて池袋へ。見送ってない・・・。


先週のレッスンは、急用が出来てお休みしちゃったので、2週間ぶり。


・フリマリー音階教本 p11 Dmajor

前回ダメだったNGニ長調の音階。今日はなんとか通過した・・。ここのところ毎回言われるのは「ishizaruさんは、考えすぎ」ってこと。バイオリンはヨガのようなものとのこと。「『無』になって弾くべし」って・・・・煩悩の塊のような私には、難しいっす。そんでもって「ヨガ」に反応しちゃうもんで、多分ヨガについて調べたりしそう。。。トンチンカンすぎる自分が怖い。


次の課題はB♭majorなんだけど、シとミに♭が付いている。ドイツ語だと「B」、でも英語だと「B♭」。シはドイツ語だと「H」となり、英語だと「B」らしい。ちょっと頭が追いついて行かんですわ。


・3rdポジション練習(Preparatory sudiesin the Key of CMajor) 9~11

1stで弾いてから、3rdで弾けって言われているんだけど、前回に引き続きこれも端折っていた。練習時間がとれないので、言われたとおりにやろうとするとキッツーいガーン。どうも先生にはお見通しらしく、1回の練習で全部やる必要はないと言われた。そんならできそうだな・・・と思う。


半音のときの指のくっつけ具合がねぇ・・・、3rdは1stより密着させねばならんのだけど、くっつけすぎるとズレるしで大変。




・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ) の前半

うーむ・・・。前回のレッスンで「次はあげてあげるわべーっだ!」なんて言われていたんだけど、練習中も上達具合が全く見えず「無理だろ・・・・・」と思っていたら、やっぱり無理だったカエル


拍子が取れていないし、速く弾くところが恐ろしくメタメタあせる速く弾くことよりもまず、ゆっくり、音程を確実にとって徐々にスピードを上げていくように言われた。。。


音程・・・今回ソ#が・・・。ソならファ#にくっつけてれば良いかしらね~って感じで弾けるんだけど、ソ#だと目印が無い叫びでも・・・レッスン中の先生の指摘で「あ、ラの半音下なのか?!」って気づいた。


アホだねぇ・・。


ともかく速い箇所は、ビブラートを付けないので(本当はつけるのか?)、3の指を置く時に2と1の指も置いて整理して弾くように指示された。


ふぅ・・・DASH!



今週の課題

・フリマリー音階教本 p10 B♭major

・3rdポジション練習(Preparatory sudiesin the Key of CMajor) 12~14

・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ) の前半


めんどくさがりぃは、はしょるよ。

レッスン後に、教室の近くに出来たつけ麺屋さんに行こうと思ってたんだが、お腹が空いていなかったので、また今度にした(つけ麺は麺が多いよね・)。

で、ビックカメラへ。そろそろ録音機欲しいんだけど、また新しいのが出ていた。迷う・・。

たかだかヘタッPの練習を録音するだけなので、5万円とか嫌だなぁ。。


本日のレッスンは3週間ぶり。


・フリマリー音階教本 p11 Dmajor

スイスイ弾けていないので、もう1週宿題になった。


楽譜では8音のスラーになってるところを、2音のスラーで弾いたんだけど、分散和音のところを4音スラーで弾いてしまった。弓の動きを揃えた方が良いらしく、2音スラーなら分散和音も2音スラーで弾くように言われた。


このレベルの音階は、スラスラ楽しく弾けないといけないとのことで、必死にガタガタ弾いている今の弾き方では良くないとのこと。


・3rdポジション練習(Preparatory sudiesin the Key of CMajor 5~7)

3つ課題が出ていたんだけど、1個目を端折った。

理由は、仕事の後の練習にちょっと疲れてしまい、楽譜の紙1枚を動かすのが面倒くさかったから。


本当はこうするべきところ(左ページの一番下も課題)↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ

こうしていた↓(右ページはフリマリー音階教本汗


ishizaruのバイオリン マジメ*モ

ただのめんどくさがりぃっす・・。確か以前も「ページ捲るの面倒くさいから、課題は見開きがいい」みたいなこと書いた記憶が・・ショック!


普段の生活でも横着してると、必ず誰かから指導が入るんだが(上手くかわせるほど、口は上手くない)、本日も先生から指導・・・。面倒くさがらず、捲ります・・。


そういえば子供の頃も面倒くさがって怒られていたし、高校時代は同級生に「『面倒くさい』が口癖だよね・・・」って言われた。このブログもジャンルはめんどくさがりや・・。根っからの面倒くさがりぃなのよね。


指摘はあまりなかったけど、音程を合わせる時の注意点を教わった。

音が合うと、楽器が「気持ち良い~音譜」って鳴り出すそうな。あんまりそんな風に鳴ってることはないんだが、鳴るように頑張ろう。


・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ)

リズムと休符がぁぁぁぁ叫び

どうも八分音符のところを四分音符で弾いてみたり・・・・。八分休符を休んでなかったり・・・。

メタメタ。


ともかく統一感なく、自分の弾き易いテンポで弾いていたことが原因である。最初のゆったりしているところは、面倒なので早めに・・・(また面倒あせる)、三連符や四連符のところは弓を速く動かすとレロレロになるのでゆっくり。まるで音楽性無視ドクロ 反省。。。。


ともかく以前疑問だった三連符のところは、気分の違いじゃなくって、同じ拍であり、音符というのは数学的なものとのことで、迷う余地は無さそうである。(あ、同じっていう事は、アップした直後に先生がメールで教えてくれたので、知っていた。先生、ありがとうございますビックリマーク


三連符や四連符のところは、弓をごく短く(3センチくらい)使って弾くと良いとのこと。


休んでいない休符のところは(自分では休んでいるつもりだった)、その直前の付点二分音符と四分休符の拍をしっかりとっていないので、おかしくなっているとのこと。


来週は、あんまり練習時間がとれなそうなのだけど、頑張ろう~グー


今週の課題

・フリマリー音階教本 p11 Dmajor

・3rdポジション練習(Preparatory sudiesin the Key of CMajor) 9~11

・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ) の前半



演奏記号

いろいろごちゃまぜ。時間が出来たら整理する。


【A】

Allegro moderato : 穏やかに速く


a tempo : 元の速さで


【B】

brillante : 華麗に (光り輝く、brillante cut)


【C】

cresc. (クレッシェンド):だんだん大きく


【D】

dim.(ディミヌエンド) : 次第に弱く (英語のdimは、ほの暗く、かすんでよく見えない)


【L】

legg. : 軽く( leggiero,leggero の略)


【M】

molt : 極めて


【R】

rall : だんだん遅く(rallentandoの略)


risoluto : 決然と


ritad : ritardandoかな。:だんだん遅く


【T】

tranquillo e dolce : 静かにやわらかく



« »

02 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。