スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年会☆2010

今日は、先生門下生(大人部)の新年会だった。

昨年と少し面子が変わったなぁ・・。ちょっと寂しい・。みんな続けているのかな・・。


会場は渋谷だったんだが、開始時間を間違えてしまい10分遅刻のつもりが、40分遅れで参加。アイタタ・・・ショック!


先日の発表会に参加していた生徒さん達(皆さん、けっこう上級者)とか、「それってほぼプロなんじゃないですかっ!?」というおじ様もいたりで、楽しかったニコニコおじ様が参加してるオケのコンサートが近々あるらしい。行ってみたいなぁ音譜


お店は、お手ごろなお値段なのに、渋谷が苦手な私でもなんとか辿り付けるくらいの分かりやすい場所にあり、食べ物も美味しかったっす。幹事をしてくれた兄さん、どうもありがとう星


2次会は、カラオケ。「バイオリン持ってこい」っていう指令が出ていたので、みんなバイオリンケースを背負っていた。なんか笑える画だったわ。


そんでもって、カラオケ屋で自然に始まったのが、お互いの楽器を貸し借りして音を聞くー。弾き心地を味わうー。


それぞれの楽器が全部違う音色だったので驚いた。なかでも、発表会でトリだった生徒さんのバイオリンの音はすごく綺麗だった。柔らかくって心地良い音だった。

あと、弦の話も出たけど、「これ、なんだったっけ?」みたいな発言が連発。どうも弦マニアはいなかったようだ。



カラオケ屋で楽譜が配布された・・。津軽海峡冬景色・Dancing Queen・赤いスイトピー・Dont Stop Till You Get Enough・・・の前奏など。



これか・・・・。先生の企てカメ

思うに・・・・みんな・・「待ってましたグッド!」な気分じゃなかったかな。誰かと弾いたり、音楽に合わせたりって、普段なかなかできないもんね。



楽しい~べーっだ!



先生が、あわせて弾いてくれるので、いろいろ歌ってみたり・・・、弾ける人は自分で弾いたり歌ったりしていた。耳コピできる人は、合わせて弾いたり。。。


私は、耳コピできないので、主に歌ってた。・・・ヒトのいれた歌をカエルあ~~~~~叫び



本日は、だいぶキャリアのある人たちが集まったので、刺激的だった。子供の頃やっていて、ブランクがあって再び始めた人が多数。音楽(楽器)は、やりたいと思ったときにやるのがいいね。年とか関係ないね。



そうそう・・合宿やろうって話が出ていた。ずっと楽器弾くんだよな。いいけど・・・。

温泉付きなら行こうかなぁって思った温泉

スポンサーサイト

気分の違いか?

次回のレッスンまで3週間空いたので、のんびりやっている。

ちょっと難しくなってきたので、自分なりに幾つかのブロックに分けて練習することにした。

区分けは、曲の雰囲気でなんとなく。


今日、ちょっと進めてみたんだが、謎が・・・。


これ↓と


ishizaruのバイオリン マジメ*モ



これ↓は、


ishizaruのバイオリン マジメ*モ


違うリズムなのか???


違うんだろうな。

どう違うのかよく分からんシラー 


気分的なことかしらね。と、思った。。。違うだろうけど。


祝・新しいバイオリン教本3だ!!! 

今日は、レッスン後実家へ行き、とんぼ返りで戻ってきた電車。ったく、親が年取るとなにかと大変じゃ。



・3rdポジションの練習

1stポジションで弾いた音程を頭に突っ込んで、同じ音を3rdで弾くんだけど、これがなかなか難しい。音感ないし・・・しょぼん

3rdポジションの曲とか、ぐいぐいやっちゃ駄目なんだろうか・・・って、思うけど、先生が、いつになく慎重・・・。ということは、大事なトコロなんだろうなぁ。焦らずゆっくりやろうカメ


・フリマリー音階教本 p10 Fmajor

中途半端な練習しかしてないからか、なんか変な音程・・。頭の中で、音名を歌いながら弾いてみるように言われた。

G→C→Fときて、C dur弾いてみてって言われた。予想はしてたが、イマイチ・・・(復習せねばなぁ・・)。「移動ド?」をマスターするってことかなぁ。


・新しいバイオリン教本2_63コンチェルトNo.2(ザイツ)

「piu mosso」(イタリア語)のところで「どんな感じで弾くと思う?」と聞かれた。

あああーーーーショック!。日本人には一番難しい質問ですよ。自分の感じていることを、自信を持って言葉にするっていうことは。


ワタシハ、メダタヌヨウニ イキテキタノデス。。。って、いつも小学校くらいの頃のことを頭に浮かべてしまう。今も端っこが好きなのは、その名残か・。



ってな、わけでテンポの記号含め、演奏記号を調べなければといつだか書いたのに、まったく調べておらず・・・カエルちょっと反省。別に書き留めていくことにする。(「piu mosso」は「今までより速く」でござんした)



さてさて。この課題は新しいバイオリン教本2の最後の曲なもんで、アラサーになり、ちょっとしたたか(じゃないか、表現不明)になった自分は、いつもは持っていかない「新しいバイオリン教本3」を持って行ったよ。

シシシにひひ 次はこれでしょ~。なんたって昨年5月 に買っちゃってますから。


先生が迷っていた・・・・この課題を暗譜させるか、次に進むかで・・・。あ、、暗譜・・・とかげ



そ、それだけは勘弁してくれ~~~~?!アンプ嫌いだ~~!!! と、内心ヒヤヒヤ・・・。


話しながら「全部弾いてみたいですけどねぇ・・・」と言ったら、「全部弾くなら、こっちがお勧め音譜」と新しいバイオリン教本3に入ることになった。やっぱりザイツ(コンチェルト ニ長調No.5)だけど。


なんか2巻に入る時より劇的感がないなぁ。ムリクリだからか!?


ともかく3巻に突入したっニコニコ よっほっほ~クリスマスツリー



ishizaruのバイオリン マジメ*モ


*前半の二分音符のところは、カラダを揺らしてみる。

*デタッシェ(スラーなし三連符のところ): 弓の真ん中を(弓を3等分して真ん中)を使って弾く。

*E線のラから、D線のミ: 間にA線があるので、E線のラで弓を止めて、D線に移る。じゃないとA線が鳴っちゃう?



今週の課題

・フリマリー音階教本 p11 Dmajor

・Preparatory sudiesin the Key of CMajor 5~7

・新しいバイオリン教本3_3コンチェルトニ長調No.5(ザイツ) の前半

・津軽海峡・冬景色





松脂買った(アルシェ401)

先週のレッスンは、風邪のためお休みしてしまった。この冬は、ほぼ風邪気味で、治ったと思ったらまた鼻水・・カゼ嫌だ嫌だ。




今日は、少し調子が良くなったので(と、言っても昨日は仕事休んじゃったんだけど)、帰りに後楽園のバイオリン屋さんに寄った。




以前、先生に松脂を買い換えるように言われていたのが気になっていた。




今のは、これ↓




ishizaruのバイオリン マジメ*モ



バイオリンをセットで購入した時に、おまけで付けてくれたPetz(420円)。




先生曰く、「1,000円以下の箱入りの松脂は、粉はいっぱいでるけどすぐ落ちちゃってイマイチ」とかで、今回の目当ては「1,000円以上」で「箱入りじゃない」松脂だモグラ






お店ではまず「サラサラ系?しっとり系?」と聞かれた。なんか化粧品ぽい。乾燥肌なので、迷わずしっとり系・・・じゃなくて、弓が滑ってるとよく言われるので、「・・・・しっとり系で」




なんかサラサラ系としっとり系の長所短所を説明してくれたんだが、よく分からず・・。やっぱこの店って、初心者向きじゃない気がする・・。営業トークが下手。とりあえずサラサラ系は、弓が滑る感があったりするらしい。




で、薦められたのが、これ↓




ishizaruのバイオリン マジメ*モ



アルシェっていうらしい。




次に、今はどんなのを使っているのか聞かれたんだけど、よく分からんので・・・「300円くらいのヤツで・・・。先生に1,000円くらいのヤツを買うように言われまして・・・」と、すごいアバウトに返事した。






・・・1,000円(店員さん、黙る)




ってことで、違うのも見せてくれたり、なんだかんだ5分ほど。




見た目で決めたよ。これ↓




ishizaruのバイオリン マジメ*モ



結局、最初に薦められたアルシェ401にした。他のは大概丸いんだけど、これは弓の幅にフィットして無駄なく使えそうじゃな~い??




箱にも入ってないし・・・。てか、みんな箱に入ってるけど・・・。ダイレクトに箱入りじゃなくて、布に包まれているヤツってことだったのかしら。




そして、E弦も購入。ゴールドブラカット(ブラカッツじゃなかった・・)。以前、ループを買って失敗したもんで、今回はボールにしたわよ。成長したっグー


音は嫌いじゃないのと、、、、今節約中なので価格重視・・・新規チャレンジは保留・・・カエル




ishizaruのバイオリン マジメ*モ



弦の左上は、アルシェ401。この布が木の箱にくっついている。あと、チャック付のプラスチックの袋に保管しろって書いてある。なんか面倒だな・・。






帰宅後、さっそく付けてみた。鈍感な私に分かるのか・・・・・はてなマークはてなマーク








あらららら~。うん。弓が弦に密着・・・してる気がする音譜。前よりも。


小物で変わるもんだなぁ。。。合格




悔やまれるのは、しっとり系のマイナスポイントを聞き逃したこと、全くリサーチせずに買いに行ってしまったこと。それから1,000円くらいのを買うつもりが、2,800円の松脂を買ってしまったことあせる




ま、いっか。すごい綺麗な音が鳴りだしたらどうしよ~ラブラブって、思ったけど、差額1,800円でそんなに変わったら、みんなどえらいことになるはずなので、、、。




こんなどうしようもないこと考える前に、練習せよドンッ だね。


テレビが家にやってきた

今日は、ちょっと疲れた。


テレビが家にやってきたのだ。


職場の忘年会で、「ホームシアターセット」っていうのをもらって・・・私は、スクリーンに映画を映すヤツだと思って喜んだんだが、違った。

アンプ内蔵のDVDプレーヤーに、スピーカーが6個。フロントとセンター、ウーファー、リアスピーカーがある。


でも、メジャーなメーカーのやつじゃない。


実は、私、17インチの15年前のテレビを使っていた。


・・・・これに5.1chホームシアターガーン

(いや、昔は自分の部屋にテレビなんか無かったから、こいつが来たときは、すごく嬉しかったんだ)


ってなわけで、しばらくでっかい箱が部屋にあった。


年末に実家に帰ったときに、酔っ払った父にそう話したら、「TV買ってやるお酒お母さんが、いっぱい貯めてるから買ってくれる」と。


で、その夜、母親がパソコン教室で使ってるノートPCで調べた。めぼしもつけた。


翌日、父はすっかり忘れていた。。。。


でも、帰り際「TV買ってくれるって言ったよね・・」と、ボソッと言ってみたら、買ってくれた。母じゃなく、父が。


言ったことは守るのがポリシーなのか?


実家の近くのヤマダに行って、ザーっと見て。

一応、ブルーレイとかHD内蔵とか。説明を聞いてみたり・・、画像の違いを質問してみたり。


父は、「これが綺麗だ」と、画像重視らしい。REGZAのZシリーズを見つつ言った。「やっぱり画像だ・・」と。


私がぐるぐる売り場を回っていると、「これでいいだろ?」とREGZAのRシリーズを指差した。

Zシリーズの下にあったんだよ。見比べたら、Zシリーズの方が断然綺麗なんだけど、比べなければ気づかないと。


面倒くさくなったのかな・・・。


「これでいいの?!?!?」と逆に聞いてしまった。


あっという間に買っちまった。。。


まぁ、こっちは買ってもらう身だし、映像にそれほどこだわりはないし、2画面とかいらないし・・・REGZAは重低音がイマイチらしいんだけど、前述のプレーヤーとスピーカーを使えば映画は問題ないしわけだし、内蔵HDとかだと故障したとき大変そうだし・・。


今週は、お部屋の片付けで疲れた。「そうじ力」なる本まで購入してしまった(・・・掃除しろ)。


届いたTVは、輝いていた。40vで、私の部屋には、ちとでかい気もしないではないが・・・。


レッスン前にプレーヤーの接続までして、龍くんとアート・オブ・ヴァイオリンを観た。さすが17インチブラウン管とは違う。バイオリニスト達の指使いがはっきり見えるよ・・。


でも、TVのスピーカーともらったスピーカーでの音の違いがよく分からない。。。


レッスンの帰りに、ビックカメラでちょっと買い物した時に、「マイケルジャクソンの「This is it」観たら違いが分かるかも??」と思いたったのだが、発売は1月27日らしい。予約しよう(その方が安い)。


今のところ、大変なのは、デスクトップPCと17インチTVをテレビ台に置いていたので、そいつらの場所が無いこと。


なもんで、腹ばいでこのブログを書いている。なんとかせねば・・。


2010年☆初レッスン

今日は今年初めてのレッスン。


・・・レッスン前に練習してる時、E線を切ってしまった。ペグを動かしすぎた。予備の弦が無かったので、以前使っていた弦を急遽張った。


で、レッスン前に池袋のクロサワ楽器に行ったんだが、バイオリンフロアが無くなっていた叫び・・・・・もう、池袋のクロサワはギターの館になってしまったオバケ


うーん・・・。となると池袋で弦を購入するならばSALVATORE とか、クワトロ楽器 とか?どっちも行ったことないけど、今度行ってみよう。


さて、今年初めてのレッスンだったので、新しいお月謝袋¥をいただいた。今年のは、ピンク~いちご

2年が過ぎて、もっと上手くなってる予定だった・・・と、先生に言ったら、「そんなもんよ~。バイオリンは意外と難しいのよ(^_^)」とのこと。そうだなぁ・・・。簡単だとは思ってはいなかったが、上達がこんなに遅々とは・・・しょぼん


・フリマリー音階教本 p11 Gmajor

特に注意は無かったような・・。


前回やったCmajorを空で弾かされる。C・・は、ドだから・・。なんとか弾けた。各調を淀みなく弾けるようになれると良いらしい。いろんな曲を弾くベースになるんだって。

うん。ドレミファソラシド~♪なら、なんとかいけそうな気がした。


年末に買っちゃった葉加瀬のエトリピカとか、前から持ってる名曲31選に載ってる曲もこの音階練習と3rdポジションあたりができるようになると、弾ける曲もあるらしい。

あ、エトピリカは無理か・・。バイオリンパートは、ピアノでなら簡単に弾けそうなんだけど・・・バイオリンだと難しいのだショック!


どうやら音階練習以外にも、きちんと基本をマスターしたければ、練習曲もやったほうがいいみたい。

興味はあるんだけど、練習時間が無いので、いっぱいいっぱいになりそうな・・・。でも、上手になりたいので、やってみたいな・・。ちょっと教本を探してみよう。カイザーは、少し長い曲らしいので、短めを。


・3rdポジションの練習

G線からA線までのCmajorなんだけど、正直、音がとりにくい・・。あと1stポジションより指と指の幅が狭くなる・・はずなので、気疲れする。「ここはくっつけて・・」と思うとくっつけすぎたりする。これは身体で覚えなくっちゃいかんのよね。


・新しいバイオリン教本2_63コンチェルトNo.2(ザイツ)

これ、楽しい。なんかちゃんとした曲を弾いている気がする。


コンチェルトはかっこよく弾くこと、いつも最初から練習しないで苦手なトコロを重点的にやってみるように言われた。

素人にありがちな、力の入れ加減(練習の)の間違いを、毎度犯しているモグラ全部通してやんないと!!!と、思ってしまう。何度か注意されているのだが、直らない。


*後半の重音を弾いたあと、弓を少しあげる。

私は、弓を離さずに次の音を弾いていたんだが、なるほど弓を上げたほうが響く。違う。


*スラーのときの弓の速さ(圧力)

8分と16分×4のスラーがあるんだが、8分音符は弓を速く(圧力小さく)、16分音符は弓を遅く(圧力を増す)すると感じが出てくる。


*拍の最初の音

初っ端6拍目から出て、次の小節の1音目ににスラーが架かってるんだけど、2番目の音の方が弓を長めに使うと良い。UpUpと続くけど、その時は弓を上げて少し戻す。


今週の課題

・フリマリー音階教本 p10 Fmajor

・Preparatory sudiesin the Key of CMajor

1stで音程を確かめてから、3rdに移る。

・新しいバイオリン教本2_63コンチェルトNo.2 (ザイツ)


Fundraising Concert☆(浜離宮朝日ホール)

年が明けて既に2回も日記を削除した。。。。しょぼん
気持ちが不安定なのか?って訳でもなくて、単にバイオリンと関係ないネタは書かないことにしただけ汗


本日は、おひとり様で浜離宮朝日ホールでのコンサートへ行ったのだ音符

五嶋みどりさんが理事長をしているNPOミュージック・シェアリング の主催。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-パンフレット(FundraisingConcer)

出演者は、岡田将(ピアノ)、五嶋龍(バイオリン)、村治奏一(クラシックギター)。まぁ、いつも通り龍くんの追っかけなのだな。。。

このホールは初めてだったけど、割と良い。そんなに大きくないし、新しくもないけど、良い音が聴こえた。
席が良かったのかも…2階席の一番後ろブタ

開演20分前はこんな感じ・・ガラガラ↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-浜離宮朝日ホール

初・最後列だったけど(映画館では一番後ろに座るんだがね)、自分の後ろの人の視界などを気にしなくて良いので楽だった。あ、もちろん定刻には、ほとんど空席は無かった。

【本日の曲目】 えー・・面倒なので、敬称略

(岡田)

・メンデルスゾーン : 無言歌集よりOp.19.1

・スカルラッティ : ソナタ ホ長調L.23(K.380)

(村治)

・レゴンディ : ノクターン「夢」Op.19

・マイヤーズ : カヴァティーナ

(五嶋&岡田)

・ショーソン : 詩曲Op.25

-intermission-

(岡田)

・ショパン : ポロネーズ 第6番 変イ長調「英雄」Op.53

(村治)

・ジョビン/モラエス/R.ディアンス編 : フェリシダーヂ

・ディアンス : リブラ・ソナチネ 第3楽章「フィーコ」

(村治&五嶋)

・パガニーニ : 協奏的ソナタ(M.S.2)より

・パガニーニ : カンタービレ

(五嶋&岡田)

ラヴェル : ツィガーヌ

-encore- 疲れたので、写真で・・・。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-アンコール(FundraisingConcert)

演奏者の順番は、

(岡田)

(五嶋&岡田)

(村治)

(五嶋&村治)

だったと思う。


ともかくだー。もりもりメラメラこんだけ聴けたら、大満足だーニコニコ


岡田さんは、多分同年代なんだわ。親近感しっぽフリフリ

ピアノのソロを聴くのって、初めて(じゃ無いかもしれないけど、記憶に無い)。すっごいのねー。美しい・・。

最初の演奏で、途中、なんか私の好きじゃない部分があって・・・そこだけ、嫌だった。曲の問題か。


村治さんは、今時の若者っぽかったわよ。オバチャンはびっくり。

クラシックギターを生で聴くのも、やはり初めて。そして、ギターに足を支える装置(ギターレストと言うらしい)が付いていて、それを左の太ももに載せていた。これも初めて見た。なんだこれ~目?!!と思った。

そんでもって、非常に申し訳ないんだが、ここで睡魔が・・・・。最近、睡眠不足なので、想定の範囲内。隣の人に「いびきかいたら起こしてください」って頼もうかと考えていたくらい。

まぁ、意識は遠のきつつも、音は聴こえていたのでヨシとする。


龍くんの演奏は、素晴らしかったよラブラブ

なんて綺麗な音なの~音譜惚れ直したラブラブ!

足を踏みしめる音が聴こえた・・・。ボンッボンッあし

いつもは、そんなの全然聴こえないんだけど・・。こんな風に弾いてるんだぁ・・と新発見だった。


村治さんとの演奏では、龍くんがしっかりリードしている様子。楽しそうなんですけど・・・。

岡田さんとは、大人風に接してた(すごい遠目の印象あせる)。


アンコールは、遊んでたねー。

龍くんが混じってからの3曲は、演奏が終わった後の拍手の前に、みんな「ふふふふ天使」って笑っていた。


Take the A train 弾きたいなー。無理かな・・。


最後の最後が、先日発表会で弾いたユーモレスクだったので、超感激した。

龍くんのユーモレスクは、全然酔っ払いじゃなかったけどw

いつかあんな風に弾けたらいいなぁ。。と、妄想。うー、映像が欲しいっす。


最後の挨拶のときには、村治さんと龍くんは肩なんか組んじゃってました。

私はおそらく、隣の岡田さんと同じ目線だったねぇ。若いって素晴らしいわ・・ハチ


なんだか、和んだコンサートだった。行けて良かった星


Deutsche Grammophon カレンダー2010

本日は、仕事始め。

異動があったり、なんだかんだで久々に会った職場の人に、超嬉しいお年玉をいただいた~音譜音譜


Deutsche Grammophon カレンダー2010(山野楽器Ver.)
ishizaruのバイオリン マジメ*モ-Deutsche Grammophon



この職場の人とは、ホントにお久しぶりだったのに、私が五嶋龍くんのファンだということを覚えていてくれていて、わざわざ龍くんが所属しているレーベルのカレンダーを持ってきてくれたのだ。(山野楽器のお得意様なのか?!)


私なんか、所属レーベルなんて・・・「読めない」ってことで記憶にも残っていなかったのに叫び



「ドイツ グラモフォン」というらしい。


感謝!!!!!!感謝ですクラッカー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



でもですよ・・・五嶋龍君は、7月に載ってるんだけど・・・もったいなくてめくれない・・・ショック!


出た・・・ビンボー症カエル


他の月の人も、多分有名な人だと思うので、下記に。

すんません。私は、まったく演奏家の名前を知らないので、誰も知りません・・・。なのに、このカレンダー持ってるって、もしかして・・・豚ブタに真珠・・・???


Deutsche Grammophon カレンダー2010


1月:Anne-Sophie Mutter

2月:Alice Sara Ott

3月:Lang Lang

4月:Yundi Li

5月:Martha Argenrich

6月:Hirary Hahn

7月:Ryu Goto

8月:Maria Joao Pires

9月:Krystian Zimerman

10月:Rafal Blechacz

11月:Maurizio Pollini

12月:Helene Grimaud


明らかにバイオリンを抱えている1・6・7月以外は、ピアニストと思われる。


嬉しい。散らかった私の部屋の一角が、やけに高尚な空間になった星空


« »

01 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。