スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Latin Classica vol1

今日は、先生のライブがあったので、吉祥寺の曼荼羅に行ってきた。



名前は聞いたことのあるライブハウスだったが、普段この手のところにはまったく出入りしないので(そうねぇ・・5年に1回くらいは行くか・・)、異空間にウキウキした。



今回は、誰でも知っているようなメジャーなクラシック曲などをラテン風に演奏するというプロジェクト(?)ライブであった。知ってる曲だからか、会場の雰囲気が良かったからか、バンドのメンバーが上手いからか・・・。ちょっと音楽の技術的なことは分からないんだけど、感覚的なことなら私でも言える。



すっげぇ楽しい~っラブラブラブラブ



なんだこれ?っていう、理由の分からん楽しさだった。



先生のバイオリンも、前回のキューバンカフェでのライブより全然いい音で・・・。他ギター、ベース、パーカッションも心地いい黄色い花不思議だ。どこがどう違うんだろう・・。




せっかくのライブだったが、先生のバイオリンのところ以外は、いつもどおり妄想していたUFO

眼鏡をかけていなかったからか、パーカッションの2人が、EXILEに見え・・。ベースの人は、少年漫画に出てくるニヒル系のキャラに見え・・・。ギターの人は、前より老けて見えた(けど、休憩中に重い扉を開けてくれるというジェントルな態度に遭遇し、優しい・・ラブラブ!のねぇとオバチャン心は、かなりくすぐられたw)。



今日のライブ、CDにしてくれないかなぁ。。とかとか。



第2弾があったら、また行きたいな音譜

スポンサーサイト

キャベツです(活気が違う・・改題)。

本日は、昨日の人差し指のケガの状態を診てもらうため、高○医院へ。

(空いてるなぁ・・・。病院て結構行ってるんだが、ここまで閑散としてるのは初めて。)


で、包帯をほどいたら・・・色が・・・。

素人目にもちょっと・・・。

痛みはあんまりないんだけど、それも逆にどうなんだ?と不安が生まれる・。



先生も診察後、包帯を巻きながら、「・・・・外科の先生に診てもらったほうがいいかもしれませんねぇ・・。」と。


今日は18時頃に行けたので、最寄の整形外科(+皮膚科と内科)を紹介してもらった。(4日間で辞めた病院に行かずにすんだよ・・)ついでに本日の医療費は、紹介状代のみ・・・。これは良心的ということなのか、、、。明日、レセプト審査担当部署の人に聞いてみよう。



紹介してもらったのは、自宅から100M程の××クリニックなんだが、賑わいブリにビビッた。19時でも続々患者がやってくる・・・。整形は老若男女需要があるよな。皮膚科はちと分からんが、夫婦で開業したのかな・・。内科も標榜してるからか熱発した乳児を連れたお母さんや、ゲホゲホと咳をしてる人たちもいる。。


「整形外科で・・・新型インフルとかには感染したくないなぁ。。」なんて非道なことを思ってしまった。

小さい医院では、いろんな症状や病気の人がいるのは、分かってるんだが・・・(内科で傷の手当させたヤツもいるし・・)。



小一時間待って、名前を呼ばれた。整形は滅多に行かないが(昨年突如ランニングしてみた時に足を痛めてかかったきり・・)、ノリが軽いDr.多い???内科に入院した時に、整形は「雰囲気違うから」って看護師さん達が教えてくれたのを思い出す。よほど重篤な方を除いては、ある部分以外は元気なわけだから、そうなんだろうと思った。けど、Dr.もエネルギー漲ってる人多いんじゃないか?



診察では、「24時間経ってる?」と唐突に聞かれた。23時間30分程なんだけど・・。

高○医院の先生が丁寧な紹介状を書いてくれたようで、事情はあんまり聞かれなかった。

患部を診て、「あ~、削いじゃった感じ?24時間経っちゃうと縫ってもくっつかないことが多いんだよねぇ。」と、早口で話すクリニックのDr.。


私の場合は、削いじゃってる感じなので、「自然に肉(?)が盛り上がってくると思うから、多分大丈夫だよ」と。。でも「皮膚の再生は難しいかもしれないから、跡は残るかも。」と。肉は大丈夫で、皮膚は駄目??ちょっとノリがよすぎて、理解できなかったが、、、。肉+皮膚が患部に被さってるから肉は再生するだろうが、皮膚部分は血流が止まってるので、死んじゃう。ってことかな。。。


嫁入り前、エンゲージリングももらってないのに、左手に傷・・・。軽くショックだなぁ。。嫁入り後であっても、違う理由でショックなんだろうが・・。



すっげー早い説明だったので、あってるか分からないけど、得た情報は以下

・指先は毛細血管がめぐってるので、出血がなかなか止まらないこと。

・指先に近いので、場合によっては痺れや麻痺などが残る可能性があること。

・縫合したのと機能的と比して、劣らないテープ(3M製)で止めること。

・包帯じゃなくて、それと同じかそれ以上の機能を持つテープを巻くこと。

・皮膚には血が行ってないと思われるが、その判断には4~5日かかること。

・2日置きに消毒にくること。


で、今日はこうなった(台所で撮影)↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-指のケガ2


「ちなみに何切ってるときに切ったの?」って聞かれた。




「キャベツです。」




高熱が出たときに、高○医院に行くか、××クリニックに行くか迷っているところ。。


指を切ってしまった・・・。

今日、夕餉の仕度をしているとき、左手の人差し指を切ってしまった。

キャベツの千切りをしてたんだが、先日新しい包丁を入手したもんで、調子に乗ってたか・・。


切ったのは、人差し指の第一関節の横。猫にゃーの手忘れてた・・。

垂直にザクッじゃなくて、ささがき風にスパッと。

さすが切れ味いい・・・。



痛みもなく・・・・皮だけ?と思ったら、皮だけじゃない・・・気がする色味。。。

皮だったら剥いちゃえ・・と思ったんだが(剥いちゃ駄目みたいよ)、剥いたら若干指の形が変わりそうなくらいの傷・・。



とりあえず止血・・を試みる。止まんねぇ・・・。20分止まんないってことは、やっぱ皮じゃないのか。。?



ふぅ・・・。



どうすっかなぁ。。。これで救急車呼んじゃまずいよな・・。



ウチには、外傷用の医薬品がまったくないので、「マキロン(と必要だったら他も)くらい買っとくか・・・」と薬局に向うべく、家を出た。

(あ、唯一、大阪の会員さんにいただいた「吉本興業バンドエイド(芸人の絵が描いてある)」は持ってるんだけど、あんまり機能的ではない。)



家を出て気づいたんだが、歩いて15Mくらいのところに「高○医院(内科)」というのがあった。あんまり人の気配を感じていなかったので(夜と休日しか前を歩かないせいと思うが)、「行かないだろうなぁ・・・」と思っていたんだが、行ってみた。自分でマキロンするより、100倍以上はマシなはず・・・とか、失礼なことを考えて・・。


20時半過ぎで診療時間は終わってたけど、まだ看護師さんもいて、先生もいて(住んでるから?)、応急処置をしてくれた。どうも「縫う?」的なことをNs.が聞いてたけど、「いや、圧迫止血」と先生。そっからまた20分くらい、先生にジーーーーーーっと押さえてもらって・・。


で、こうなった↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-指のケガ


「血が止まらなかったら、外科の先生に縫ってもらわないといけないねぇ・・」と先生。

先生がちょっと考えた後に教えてくれたのは、以前私が就職して4日で辞めた病院だった・・・。「大学病院に行くほどじゃないからねぇ」って。


その病院には、心情的にあんまり行きたくないなぁ。出血しないといいなぁ。。。汗



とりあえず、しばらくバイオリンの練習はお休みしようと思う。

てか、今日明日は、無理っぽいw。ついでに屈伸運動で、傷口が開いても嫌なので・・・全治1週間くらいか??と、自己診断。



なんというか、この程度でも、けっこう不便だよ。

せっかく買った・・・明日食べようと思ってたのに、むき辛いよな・・。安かったから買っちゃった玉子があと9個あるけど・・・。



どうも食べ物のことしか頭に浮かんでこないけど・・。



まぁ、時々はこういう不自由も体験しておかないと、いろんなことに鈍感になるので(うーん、バリアフリーとか電車で席を譲るべき場面とかで・・)、逆に良かったかな。少しの辛抱でいいんだから。



あ、明日も行くんだけど、「高○医院(内科)」のお医者さん、感じの良い人だったので、行きつけにさせていただこうと思う(そんなに行くなよな・・シラー)。


シンコペーション

両手の小指の先っぽが硬くなり、「まさかバイオリンのせいじゃないよな・・」と思ったが、念のため先生に聞いてみた。バイオリンのせいじゃなかった・・。小指は使用頻度が少ないので、こんなことにはならないそうだ(人差し指は皮がむけたりする人もいるみたい)。


うーん。数日前ヌカ床作った時に、超高濃度の塩水を作ったんだが、そこに小指つけたなぁ・・・。味見してみようと・・。海よりしょっぱかったよ波。そのせいかなぁ。。。ま、そのうち治るだろう。硬くても、特に支障はないので、放置。



フリマリー音階教本 p9 Dmajor

スタッカートの付いた八分音符が2音とアクセントの付いた四分音符が1音繰り返す音階練習。音程はもちろんいつもどおりイマイチなんだが、リズムもおかしかった・・。全部同じ長さで弾いてた・・フグ

1週間悪戦苦闘して、昨日くらいから弾けるようになったと思ったんだが、間違っていた・・。ふぅ・・。救いは、あくまで「趣味」なので、仕事で間違いを犯していたらとんでもないことになるんだが、それがないってことくらいか・・。しょぼんしょぼんとするが、周囲に影響はない・・・・はず。

あと、それぞれの音を切るように言われた。切ってるつもりだったんんだけど、、、できてない。



そうそう、こういうリズムをシンコペーションというらしい。今日の新しい知識。どんなの?って言われても説明はできないwウィキペディア読んでも、意味がよく・・・わからん汗「The Syncopated Clock」という曲を先生が例に弾いてくれて、、、なんとなく分かったような気に・・・。うーん。(この曲は、絶対聴いたことあるはずなので、検索してみてください。)

シンコペーションを思い出せず、「シンメトリーだっけ」と検索したら、非可逆リズムという言葉も知った。でもこれも文章だとよく分からん。時間ができたら、追究してみよう(年末だな)。



3rd ポジション(プリント)

まだプレの段階なので、ひとまず慣れることが主眼。1stよりも指の幅を狭くすることと、一番最初の音をチューナーで合わせて弾いてみると良いとのこと。


新しいバイオリン教本2_61コンチェルト(Rieding)

練習不足。スラーの連符も弓を止めて弾くことに気を使っていたが、リズムがおかしいのね・・・。どうしようもないままレッスンで披露。うーん。弓をとめて弾く以前の問題だった。まず「」を確認。次に「リズム」を確認。最後に「ボーイング」。

音やリズムは、虎の巻で時々チェックしてみてはいるが、その時点でおかしいことに気づくこともある。が、どうすりゃいいんだか分からんこと多々・・・。

ま、そのうちできるようになるだろう。


先生がよく「譜読み」と言うんだが、それもイマイチどういうことなのか分かっていない。音・リズムをチェックするってことでいいのかな。今のまま適当だと、そのうち絶対行き詰りそうだ叫び


ユーモレスク(ドヴォルザーク)

休符でしっかり弓を止めること。それから、ビブラートをきちんと付けるように指導された。特にスラーの付いている2音のうち2音目にしっかりビブラートをつけること(この曲は、スラーの2音目が拍の最初になっているので、大事な音らしい)が宿題。

ちょっとだけ試しに弾いたとき、謎だった最後の音の指使い(レの音、指番号は上下に”0”と”4”が書いてある)も教えてもらった。ハーモニクスだった。D線の真ん中を押さえつけずに軽く触ると「レ」の音が出る。



E線の開放弦やA線の4の指じゃ駄目なのか・・。作った人がそうしたいなら、そうしなくちゃいけないのよね。。

音楽的なこだわりは、ほぼ無い・・・自分。



先生は、この部分がお気に入りとかで、楽譜に書いてある指使いを変更し、不思議な弾き方を教えてくれた。

そうか、そんな弾き方もあるのかひらめき電球おもしろいニコニコ


他、E線のドを弾く時の注意点あり。伸ばすとか滑らすとか、段々いっぱい出てくるなぁ。。。



今週の課題

・フリマリー音階教本p9 Bminor・・・シンコペーションのリズム

・3rd ポジション(プリント) 「チューリップ」 ・・・分からなくなったら、以前の練習を振り返って弾く。

・新しいバイオリン教本2_61コンチェルト ・・・前週と同じところまで。音とリズムをまず確認。

・ユーモレスク(ドヴォルザーク)


五嶋龍くん(○ビル)

本日は、丸ビルに行った。五嶋龍くんがやってくるのだ~音譜



龍くんの目前に座れるプレミア整理券は、10時から配布ということだったが、寄る年波・・・のせいにしてはいけない・・、並ぶのはキツイだろうと判断し、昼からのサイン会の整理券を目途に丸ビルに向った。8月のサントリーホールはかなり前の席取れてるもんねチョキ(ウサエさんのおかげ・・)


一緒に行ったウサエさんが、2回も問い合わせてくれて、時間は万全だったはずなのだが、朝から並んだ人が多かったのか、プレミア整理券配布の時点で、サイン会整理券も100枚配ったらしい。


おい、おい~ガーン その場の判断とはいえ、「そういう時は配るかも」ってアナウンスしてくれないとさー。。



普通ないの?気合入ってるファンは、早朝から並ぶもの?おばちゃんの自分に感謝。ブーブー言いながらもサイン会整理券は手に入れたグッド!(ブーブー言っちゃいけないのかもしれない・・・・)



ま、徐々に人は集まってくるが、○ビルのサイトにも載ってないイベントだから、龍くんファン(概ね落ち着いた物腰の方々?)しか来ない。○ビル1階のカフェで、昼食を食べたりする時間もあった。。



演奏は15時からだったが、14時頃から龍くんがリハを始めた。


こ、これは・・・至福ってやつだよな。本番では、履き替えていたが、ビーサン?姿の龍くんも見れたのだべーっだ!



15時からは、ビーサンを履き替えた龍くんが、ヴィヴァルディの「冬」とかパガニーニの曲を聴かせてくれたよ。



なんか前より上手になったよ。。。とか、ウサエさんと話した。大人になったからか、音が素敵になってきた。

成長と共に、バイオリンの音も聞けるってすごいことです。



本日は、撮影禁止だったので、こっそり「節さん」を撮った。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-節さん


どれが節さん?!・・・私の携帯、やっぱ駄目だ。フォト機能まったく無視したせい。。。あせる

一応、中央付近の誰かが節さん。



今日は、バイオリンケースを持参してる子供が多かった。ケースにサインしてもらってるのを見かけた。

やっぱちっちゃなバイオリニストには、龍くんはスター星なのね。ウルトラマン?

隣のお母さん達は、頑張ってプレミア整理券とったらしい。子供を座らせ、自分達は後方で・・・。

泣ける・・・汗まぁ、子供らの席取りを、上方からすごい勢いで指示してたけど・・・。そりゃそうだ。謙虚な子たち・・母たちの気持ちもよく分かったので、、、次までにもうちょっと図々しく躾けてもらって・。



少し前に行ったポールポッツ(あ、龍くんが現れると聞いて、丸ビルサイト見て知ったから行っただけなんだけどね・・・)の時も思ったが、演奏や歌はまだしも・・・インタビューは最悪です。音拾えてないの・・。司会の人なのか音響の人なのか、誰に言えばいいか分からないけど、声拾ってくださいガーン



本日の反省は、サインをもらうときに、超、ちょ、ちょ超緊張してしまい、龍くんを直視できなかったこと。

滅多にない大チャンスだったのに・・・。


次回は、凝視したいと思う。怖いか・・。素敵な女性風で臨もう。



あー、とりあえず龍くんネタは以上。


たくまし~い♪

昨日、NHKの昼13:05~の「スタジオパークからこんにちは」っていう番組を録画して観た。

ゲストは五嶋龍くんラブラブ星




番組中に弾いてくれたのは


「序奏とタランティラから」(パガニーニ)


「うつろな心による序奏と変奏曲 作品38」(パガニーニ)



2曲ともパガニーニ・・・ショック!

かなり別世界・・の子だよ、龍くん・・・。



とはいえ(脈絡まったく無し)



ハタチのハーバード大生、空手2段の逞しいカラダに見惚れてしまった。。

バイオリンより、そっちかいっガーン



私は、昔から

締まった筋肉の持ち主が大好きなのだ・・しっぽフリフリ

ついでに頭がよろしいってのも好きだわ~恋の矢キラキラ



人は無いものに惹かれる・・・のか。。あせる



今日の記録・・・少し変態っぽいことは否めない。と、ちょっぴり反省カメ


凹むのはアリ

3週間空くと、さすがにダレてしまう。しかも今週は苦手(大嫌いな)の重音の曲なので、解放されたい感でいっぱいだった。


フリマリー音階教本

p6 Gminor

強弱がまだまだ。「フォルテ」のところを、もっと強く!音階くらいは、楽譜を見ないで弾けるようにと言われたが、上がる時と下がる時の音が違うので、駄目・・。最終的には、調名を聞いたら、その音階が弾けるくらいになるようにとのこと。ううう。ジリジリやってるより、集中的に暗記する時間を作った方が早いかも。そのうちやろう(・・・こう言って、あんまりやったことはないんだが)


3rd Position(プリント)

あんまり注意されなかった。3rdだからかな。3rdで1の指にになるG線のドは、開放弦から「ソ-ラ-シ-ド」と弾いてから、場所を視認した後に1の指でドを押さえるそうな・・。適当じゃいかんですか・・。


新しいバイオリン教本2

60_ガボット(Lully)

前半部分、スラーのスタッカート部分2音とその前のスラーの2音の間は、きちんと切る。全然意識していなかった・宇宙人スタッカートだけ歯切れ良くするんじゃなくて、前の音との関係も気にしないといけないらしい。

後半の重音は、、、まぁ、出会った頃に比べれば、幾分まともにはなってきたような・・・気もするが、まだ安定して二つの弦を弾くっていうことができない。今日レッスンに行く途中に聞いていた曲にも(間違ってたらイヤなので何かは書かないけど)、重音が入っていて・・・「重音できないと、曲弾けない・・・叫び」とウツウツとしていたところ。


先生に言ってみると、重音の無い曲っていうのも結構あるよう。が、「重音出てこないけど、これ弾けそう?」と、ヴィヴァルディの四季コスモスをサラっと。。あああああ。重音がどうとか、こうとかいう問題ではなかったカエル


とりあえず、重音に苦痛を感じているのを察していただいているようで、音色云々ではなく、ビブラートを重音でもつけるように意識するように言われたのみ。そんなぁ~余裕はぁ~ないのぉ~ですがぁ~(何風でもいいけど、小田和正かな)。



重音がうまく弾けないと、めちゃめちゃ凹むんだよな。。。が、重音の方が、みんな音に敏感になるので、うまく弾けなくて凹むのはある意味いいことなんだそうだ。先生曰く、「本当は、1本の弦を弾いてる時も、そんくらい敏感に凹んだ方がいい」とのことだったが、それだと常に凹んでいることになるので・・・嫌です。レイトスターターですんで、いい歳ですし、、、この辺は図々しいんだな得意げあはは。



新しい課題

新しいバイオリン教本2

61_コンチェルト(Rieding)の途中まで。

「コンチェルトって何?」ってところから始まった。何?知らないんですけど・・・・・汗「ヒント・・協奏曲でしょ?」あー、知りません。協奏曲だから、なんかと一緒に弾くことかなぁって・・・。正解は、ピアノなりバイオリンなりの独奏+オーケストラの演奏・・・ってことらしい。

今、Wikipedia見たけど、あんまり理解できず。「意思をあわせること」っていう意味らしい。



弓の配分などの注意の他、スラーで6~10音を弾くところが出てくるので、そこの部分の練習方法を教わった。

スラーで弾かず、まずは少ない分量で弓を止めながら(アップならずっとアップなんだけど・・)、スラー部分を弾くと良いらしい。聞いたときは、そっちの方が難しいような気がしたが、今後も役立つ練習法ということなので、気をつけてやろうと思う。


ユーモレスク(プリント)

おおおお!すっごい弾きたかった曲ですよラブラブ「弾いてみたいって言ってたよね目」と、先生が覚えていてくれて、使っている教本には載っていないのだけど、チャレンジできることになった星

いただいた課題は、1st ポジションで弾けるようにアレンジされたものだけど、すっごい嬉しいしっぽフリフリいよいよユモレスクの世界へ星空


あ、注意は、「速く弾かなくっていいよ~♪」だった・・・。


フリマリー音階教本

p9 Dmajor

うー。帰ってきてから見てみたが、スタッカートとアクセントが付いている。交互に。。。これ難しいかも。。。


あと、3rd ポジションの練習に、追加のプリントをもらった。



1週間で、どこまでできるかなぁ。ちょっと不安。


今週の課題

・新しいバイオリン教本2_61コンチェルト(Rieding)

・スズキ3巻_Humoresqu(ドヴォルザーク)

・フリマリー音階教本_p9Dmajor

・3rd Position (プリント)


ポッツにポッ♪

Paul Potts(ポール・ポッツ)の歌を聴いたよ。生で。

感動した目恋の矢



今日、丸ビルのHPを見ていたら、ポールポッツが来るらしいことを知り、定時で脱走。

実は、明日会議があるので少し迷ったんだけど、私がやることは終わっていた。辛いのは、そんな中を帰るってことなんだが、ま、気にしないで「お先パー」した。



気分的には、少しLowだったので、電車で行けばいいものを、職場から歩いてしまった(後で失敗だったことに気付く。。。)30分弱かな。途中、おまわりさん2人に道を聞き、完全にオノボリうお座さんだと思われたに違いない・・。普通分かるだろ・・ってことを尋ねた↓

「東京駅に行きたいんですけど・・・(いや、方向は分かってるんだが、ロスは避けたいし・・)」「丸ビルってどっちですか??(見えてるんですけどね・・)」


皇居にいるおまわりさんは、かなりテンションが高い。そして親切であった。


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-二重橋

たぶん・・・二重橋↑


18時前に到着したんだが、とりあえずWCなどへ行き。丸ビルの吹き抜けを見渡し、うろつく。

既に結構人がいて、いい場所は取れそうに無い・・。出遅れた・・カメ


と、そこにガラス越しの2階が空いている。移動。

「ガラス越しつったってさー、聴こえるんじゃない?ポール見るには、ここ割りと良さそう、ここでいっしょ。」とか考えていた。


30分後、司会のお姉さんが話し始めたが・・。聴こえないぞ・・・。

まわりのおばさんたちもざわめいた。さすが、丸ビルのガラス。防音機能半端ないっすガーン


とりあえず姿を見てから移動しようと待ってるとポール登場。

エスカレータを降りるポール↓


ishizaruのバイオリン マジメ*モ-paul

(すんません汗ガラス越しに写真撮ってる姿が映っていたので、上を切りました。分かりにくいので矢印もつけてみました。(ペイントで・・w))


わ~~~ラブラブ

ポールポッツだぁ音譜



ishizaruのバイオリン マジメ*モ-paul2


ふぅ。。。私の携帯では、この程度の写真が限界。。。結構撮ったが、全部こんな感じショック!



ともかく、ここで一斉移動かたつむり。聴こえないんだもん!!!



私は、1階に移動した。上の写真では、ちゃんと整理券をもらって座ってる人しか写っていないが、この後は人が群れる。


ポールポッツは、ご多分に漏れず、「Britain's Got Talent 」の映像を見てファンになったんだが、歌声が素晴らしい。似たような声の歌い手さんは聞いたことあるが、沁みてくる感じが違う。元は携帯売ってたとか、あんまりイケメンじゃないとか、、、そんな情報もあるせいかもしれないが。


ホールなどで、ちゃんと聞いた方が、もちろん歌声は楽しめると思う。なんせ誘導の人たちの声や一般の人のざわざわもあるし、「写真がとれねぇ。。」と四苦八苦していた自分もあって、あんまり集中して聴けなかった。



でも、良かった。だって、帰りには、Lowモグラだった気持ちがUpper天使に昇ったから。

音楽って素敵なものだわ~音譜


時間が必要らしい。

昨日、実家に帰る途中で寄ったジュンク堂(書店)で、1冊だけ残ってた「サラサーテ」という弦楽器雑誌を購入した。


雑誌なんてここ数年買ってないし(あ、腹をへこます特集の「ターザン」と、マラソン特集してた「Hanako」は買った)、ちょっとマニアックな感じだと、高校時代に「ラグビーマガジン」と「Newton」を買ってたくらいで・・。



ま、「サラサーテ」を定期購読するつもりは、今のところないんだが・・・。なかなか面白かった。



その中で「えっ目」と思ったのが、チェリスト阪田さんが書いていた弦についてのコラム。



「・・・弦は伸びきってから本来の能力を発揮するので・・・・」(「サラサーテVol.28」より抜粋)



えええええっ!?



弦って、張った後にも変化するのですか叫び



だから安定するまで時間がかかるのか・・・・。


張り替えた弦も、音程がコロコロ変わる・・・・。まだベストの時期ではないのだな。

ってことは、線路のレールと同じように、伸びたり縮んだりするんだろうか・・・。



バイオリンって、面倒くさいんだな・・・ロケット

自分、こんなやつ相手にしていけるんだろうか・・・。



夢見が悪かったため弦の交換

本日、夢見が悪かったので、弦を交換した。


夢の中で、先生の前でG~A線の交換をしてみたところ、こんがらがってしまいあせるぼろくそに言われるという夢だった・・・・。

普段、そんなことでぼろくそに言う先生ではないし、弦の交換がうまくできないなんてこともあり得ないんだが・・。

よっぽど弦の交換が気になっているらしい(自分)・・と判断。



で、先日届いたプリム(Frogel:フロジェル社)に交換した。



あっれー。なんかドミナントより細くて硬いよ。材質の違いか?ゲージの違いってやつか?

(ゲージなんて、編み棒でしか気にしたこと無いぞ・・)



ishizaruのバイオリン マジメ*モ-ドミナントとプリム

下の水色で巻いてある方がドミナント(A線)太さの違いは、写真じゃ良く分からんね。



替えるの嫌になってきたなぁ。。。


でも、前回替えたのは、昨年11月だったので、もう替えちまえよパンチ!ってことで、交換。

ボールがテールピースにうまくはまらなかったりと、若干戸惑ったが無事完了。


なんかドミナントの方が良かったかも。プリムの方が音が明るい(軽い)感じ。


と、ややブルーしょぼんな気分で課題曲を弾いてみる。



うーーーんんんん。。。。



うーーーーんんんん。。。



うーー。。んんん??



あれ、悪くないじゃな~い??

苦手の重音もこっちの方が弾きやすい?(まったく関係ないだろうw)


単に耳が慣れただけはてなマーク



ともかく、やっぱり高い弦の方が響きなど良い気もするが、安い弦も悪くないねという結論。

根が適当なんだよな。



よく交換後、弦がなじむまでに数時間~数週間とかって書いてあるのを見るんだが、これは耳が慣れるまでってこととは違うのよね。。。



そこらあたりは、まだ実感できないわ。



さて、前回のレッスンから次回まで2週間と思っていたら、3週間だった。明日もレッスンはないので、今日は実家に帰ることにするぶーぶー


« »

06 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。