スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若き血

課題の『若き日の』は、弓をいっぱい使いすぎて、更に元気良すぎと言うか、弾みすぎだったらしい。

この曲は、そういう感じじゃないよね・・・。と、先生に指摘され・・。


あ~~。全く考えていなかった。どんな曲とか・・ガーン

考えてみたけど、多分私の中では『若き・・・』のみに注目。

と、いえば・・・・あれか?!KOの応援歌っす。

『若き血』と、思い当たりYoutubeで検索し聴く。。そうそう、若きと言えば『血』と短絡な脳回路あせる


疑問に思っていたテヌートと上げ弓の繰り返しは、結局は同じようなものらしい。ただ、テヌートは音を長く弾き短く止めるのだが、『jupiter』の上げ弓連ちゃんは、「ここはちゃんと止めて欲しい」という課題曲作った人の意思かもしれない・・・。読まなくちゃいかんのね。いろんなこと。。


ハ長調の音階の練習をして、やはり「調」というのは大事らしく、、、。先生の説明を「うんうん」と分かったような気で聞いてたのだけど、わからん~。

が、課題曲でハ長調を弾いたらば、今までの調と違うので♯のつけどころなど、間違えて変な音が~叫び

そうか。イチイチこんなところで手間取っていては先に進まん!てことかパンチ!・・・・納得。これって頭で分かっててもってトコロがありそう。音階練習本でも買ってみるか・・・。


新しい課題ですが、15「アウリスのイフィゲニアより」は3音の重音があり、ま、これは苦手と分かってるので逆に平気なんですがw

プリント課題の「のばら」は弓の動きがおかしいです。ちゃんと楽譜どおりに弾いてるつもりなのに、弓を元に戻さなければいけない。

バランス・・・・・・悪むかっ

たぶん、私がどっかおかしいんだろうなぁ。。少し弾いてみないと駄目ね。


さて、ビブラート。相変わらずです。

つかんだ気になっていたのです。「ちょっと指板を引っ張る感じ?」と。

ダメッす。それだと、本当にバイオリンに負荷をかけていて、先生と練習中はまだ良かったのですが、独りで課題を練習したら、バイオリンがぐらんぐらん台風


ビブラートの練習は、以前OKをもらった曲なのに、とんでもなく酷い音色です。

いままで聞いた中で最悪かも。


最初は、仕方ないわよね~。毎日弾いてれば、そのうち上達するんじゃないか?!

人間執着も大事ですが、この年になると諦めることも知り。

明日はいい結果が出るかも!というポジティブな思考で、練習中止。


「今日の君(変なビブラート)には会いたくないわ。明日は、もうちょっとマシなカッコで来なさいよ。」

あくまで上目線でバイオリンを観て、心の中でつぶやく。。

私って、なにさまなんだ~?!


今週の課題

・『新しいバイオリン教本2』-8五月のうた(2拍以上はビブラート)、12ハ長調の音階練習、13ハ長調の分散和音の練習、15「アウリスのイフィゲニア」より(C.W.Gluck)

・のばら(シューベルト)

スポンサーサイト

Surprise!

今日のレッスン終了後、お片づけをしているときに、先生が突然『Happy Birthday to you』を弾き始め・・・。


数ヶ月前に教えてもらって、ロンドンに住んでいる人の誕生日にプレゼントしたのですが、本日のレッスン主題?が、「ビブラート頑張ろう!!」てな雰囲気だったので・・・。


来年はこんくらいビブラートできるようになろうね!


と、言われてる?のかと思い・・・・・。

固まった叫びレッスン終わってますよ~~~。



ららら。あれれ・・れ?

なんと、私の誕生日でした!すっかり忘れてた~~あせる


先生は、私のために弾いてくれたのだ。にぶい生徒ですいません(笑)

でもでも・・

・・・自分のために誰かが弾いてくれる・・・ってなかなかない。。


すごい・・・・嬉しい・・・ニコニコ

幸せだ~クローバー


外苑前の好きな雰囲気のお店で、夕食もごちそうになってしまった。

おいしかった~。満腹音譜


いろんなお話も聞けた・・・演奏家の話など・・・。

未知な世界・・・UFO・・は、とても興味深い。


良い日でした。


帰ってから、『私の小さなピアニスト』という韓国映画の続きを観ました。

gooの評価などを観ると、イマイチ・・・よりは、ちょっといいくらいの評価ですが、私的には泣ける映画でした。

師弟の話。てか母子の話。だけど血のつながりがないので、、、、ひとまず映画の中ではハッピーエンドです。

この先は分からんですが。




今日の結論:観るべき映画?

『風とともに去りぬ』

『愛と青春の旅立ち』


弾かなかった1日は1週間前の自分・・・か?

先日、『北京バイオリン』を観た感想を書いたのだけど、翌朝消しました。

バイオリン映画の感想なんて・・・。と、朝はLOWダウンなもんで・・・。


良い映画だったので、また観たら書きます。



ところで、今日は3日ぶりに練習しました。

最近、練習やる気にならなかったのだ。


アパートに音問題の苦情があると張り紙がされたので、気を使っている。

のと、自炊を再開したので、ちょっと時間が無い・・。

てのが、理由かな。



『北京バイオリン』の主人公が、北京で最初に習った先生からレッスン初日に言われていたこと


1.嫌なら弾くな

2.弾くなら一生懸命に弾け


を、素直に、自分の都合良く受け容れたもんで。。。

3日で弾こうという気持ちになってよかった。


・・・・・・・。



3日ぶりに弾いたバイオリンは、ひどい・・・。

音に鈍い自分でも、判る。如実・・。


練習しなかった1日は1週間に等しい。

そんな感じの後退ぶりでした。


・・・反省。


シャコンヌ

上級者の方たちのブログなどを見ると、時々見かける・・・「バッハのシャコンヌ」


バッハは、まぁ知ってます。「音楽の父」っす。

でも・・・「シャコンヌ (Wikipedia)」ってなんだ!?


Wikipedia読んでも分からん。


少し前から向いの席に座っている職場の人に聞いてみた。


「シャコンヌ」は、形式の一分類らしいのですが、口頭での説明は難解・・・・てことで、帰り際にバッハのシャコンヌの楽譜をプリントアウトしてくれました。

(著作権が切れてるので、フリーサイトがあるようです音譜


先日レンタルした坂本龍一セレクトのバッハ曲集に、「バッハのシャコンヌ」が入ってたので、帰りのメトロの中で譜を見ながら聞いたらば・・・・うっへぇええええ。こいつを弾けるようになるのは、キリマンジャロに単独登頂するくらいの確率じゃないかガーン


「バッハのシャコンヌ」は聞いたことがありました。

なんだか分かんないけど、他の「シャコンヌ」も聞いてみたら共通点が見出せるかな。

てか、聞いてるんだから、楽曲名もチェックすべきですね。。。多分、覚えられないんだけど。


あっぷ あっぷ

前回のレッスンを体調不良で休んでしまったので、引き続き同じ課題を練習。

騒音問題の貼紙が掲示されたため、ミュートつけて19時前に練習。

でも、ちょっとビクビク・・周囲の物音にも耳をそばだてて、、、でっかい音だしたいよ~~~叫び


『jupiter』は、自主連しておくように言われた課題なのですが、

まぁまぁ・・です。平原綾香さんが歌ってたから、知ってるし。

でも、知ってるリズムで弾こうとすると、ちょっと楽譜が違うので最初はつっかかりましたが、

まぁまぁ。。。4弦全部を使うのですが、まぁまぁ弾けてるんじゃないか?っていう自己評価。


まぁまぁ・・・つっても下手っぴいですが。


意外でしたが、ここでつっかかること多々↓



弓をアップ&アップです。


※1の注意書きには、アップ(上げ弓)が同じ音で連続します。一瞬弓を止めて同音を弾きなおすようにしましょう。


と、あるのですが、Bowingを注意しないと、2度目のアップで弓が足りなくなったり・・(弓はそのままで弾くんだよな?という理解で弾いてるけど、あってるかは不明)。

それと、前回のレッスンでならったtennto(=テヌート“長めにとめる”)と、どう違うんだ?↓





と、思ったり。

色々疑問はありますが、疑問があった方が身になると思うので、次回のレッスンで先生に突っ込んで解決しよう。


休んでしまったせいで、次回のレッスンまで3週間。あんまりやらないけど、予習らしきものをしてみた。

ハ長調です。音階練習と14アンダンテをギコギコハロウィン弾いてみた。ふぅぅ。。


○長調って気にしなくちゃいけないもんなんだろうか。。知ってた方が楽なのは分かるけど、いいじゃん。。

教本に載ってるくらいだから、バイオリンには必要なんだろうなぁ。。


15「アウリスのイフィゲニア」よりは、端で予習断念。3音の和音がありました。

だから・・・苦手なんす。重音。ペラペラと教本の後ろを見てみたら、まだまだ出てくるわ!

当たり前かしょぼん


ここのとこ、時間を割いて教えてもらっているビブラートは、遅々です。

練習の度、数分ずつ練習してはいるものの・・・。うまくいかん。てか、分からん。

先日教えてもらった壁訓練も今日まですっかり忘れてて・・。明日からやるかぁ。


私には、大リーグ養成ギブス的なものが必要かも。手首を固定しないと駄目なんじゃないかぁ。。


次回のレッスンまで日があるので、とりあえず分析しよう・・サーチ


聴音・・超苦手

先月お休みした分を、今月の毎回のレッスンに振り分けてもらったので、今日は少し長めのレッスンです。


チューニングの仕方とビブラートの練習で時間を取ったせいか、課題曲は、いつもよりサラっと終わったかな。。。


以前習ったチューニング方法は、バイオリンを膝の上に置いて弦をはじいて音を出し、

チューナーで合わせるものでしたが、今日は弾きながらペグを動かすやり方を教わりました。


弓を長く使って弾きながら、ペグを回してチューナーの針を真ん中に合わせていきます。

私は、ペグを回す時に、ペグだけ持って回していたのですが、かならず『渦巻き』やネックの反対側に指を添えて押しながら回したり(引っ張りながら・・回したり?)しなければいけないようです。


微妙に低い時は、テールのところの弦を押します。これは以前習いました。微妙に高い時は、指板のところの弦を引っ張ると合うそうです。そうそうチューナーの『A』が、『440Hz』になってました。気づかず・・・。


ビブラートは、腕型になってしまってるようです。

手首をやわらかく動かして、指も屈伸させるなんつーのは、年波が寄った今では難しいっす。

頭と身体が連動しなくなってる。。。ここは繰り返しの練習で補うしかないところか汗


今日の注意点

・スタッカート(アクセント)は、しっかり弓を止める

・連符のスラー以外のところは、弓の動きを小さく

(というか、楽譜を見て大きく使うべきところと小さくしなければいけないところを、峻別できなければいけないようだ)

・音程が高い

・半音の時には、指をしっかり近づける!(じゃないと、音がどんどんおかしなことになりやす)


うーん。本日、3の指のセロテープが剥がされてしまい、大丈夫なんだろうか・・。

この音はこれ!みたいな感覚が分かってないんだよなぁ。。。UFO

聴音超苦手だったもんなぁ。。聴くしかないか・・。


今日は、暗譜の課題も出ました。

ダーーーーーガーン

記銘力、かなり低下してます。短い課題曲も楽譜を見ながら、なんとか弾いてる状態。

記憶って、脳のどこら辺使うんだっけ?昔習ったよなぁ。。忘れたなぁ。。

ま、徐々にやってきゃいけるだろう。。

円周率、ひたすら覚えろと言われてるわけでもないし・・・。

いや・・・これでも昔は、スゲー!と絶賛された記憶力だったのですが、のらりくらりとした日々とビールのせいで脳力退行・・・。取り戻すんだ!


音符より、指とBowingを覚えるのが大変そうだよ。


今週の課題

・『新しいバイオリン教本2』-10若き日(イギリス民謡)

・ダッタン人の踊り(エルガー)-暗譜

・Jupiter(ホルスト)



« »

10 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。