スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子に乗って・・脱・うおのめパッド

昨日、2の指のカラーテープがはがされ・・・。

先生が、「弓のパッドも嫌な感じしたらはがしちゃって将棋」と・・・。


写真(一度はがして、撮影用に再装着しました笑)載せますが、

このうおのめパッドの◎の中心に小指を差し込む・・というか、あてる・・というか。

きれいな弓の持ち方をマスターするべく、「うおのめパッド」です。


取っちゃいました。


取っても大して違和感なし。。。と、いう気がしただけかも。

小指なんて大した仕事してないね~(オレは何様だ?!)。


なんつって。今に大波波来そうだわ。

うおのめパッドにどんだけ助けられていたか・・は、その時実感するのだろう。


本日は、とりあえず問題なし。



uonome

スポンサーサイト

脱・2の指のテープ

レッスンを始める時、

指板(しばん)に貼ってもらっている、カラーテープがはがれそうだったので、

セロテープで止めようとしたところ、先生に剥がされてしまいました~。


バイオリンは、押さえる位置で音程が変わります。

ギターのように印(フェレット・・?違った。フレットというらしい)がないので、

身体で覚えていくしかないようです。


2の指は、中指です。3の指(薬指)のかなり近いところを押さえるので、

ここからはずすのが分かりやすくて良いとのこと。。。


音感がないので・・・テープがないと・・困るよ・・ガーン


なんとなく残ったテープの跡とネバネバのおかげで、レッスンは乗り切りましたが・・。

心配だなぁ。。


『Amazing Grace』では、弓の速度に注意するように言われました。


3連符(弓↑)のあとに2分音符↓があったり、↑8分音符のあとに↓3拍(点がついてるのはなんていうんだっけ?)+四分音符があったり。。

すると速く弓を動かさねばならないところと、ゆっくり動かさねばならないところができます。

初心者は、速く動かすと弓が滑り・・遅いとプルプルし、難関です。

Bowingは、きれいに曲を弾くためには、絶対上達しなければいけないので、

コツコツ努力するしかないようです。


新しい教本には、入らず。。。

でも、好きな『主人は冷たい土の中に』が課題に。

私が謡ったことがあるのは、

武井君子さん訳の「青く晴れたそ~ら~♪白い~くも~♪・・・静かにねむれ~♪」ってやつです。

知ってる歌を弾けるのは、かなり嬉しいです。


今週の課題

『新しいバイオリン教本1』-63 「ちょうちょう」、64 「リゴードン」、71 「主人は冷たい土の中に」


音域が狭い・・?

んなことは、初めから分かってるのですが、


少し音が鳴らせるようになると、自分の知ってる曲をプラプラ弾いてみる。




す、すると・・・・G線でも間に合わない??てなことが、起こります。


今日は、奇跡的にGの開放弦で収まった・・・。




ふ~っ。。。


ピアノとは違うんだなぁ。だから、ビオラやチェロ達、同属がいるのね。


と、今頃気づいた。知ってたけど!気づいたの。




こいつは、大変だ汗


新しい教本



新しいバイオリン教本1・2


今日のレッスンで、新しい教本をもらいました。

・・・もらっただけ。まだ入ってないです(笑)


でも、ウキウキします!


昨日、自己流で取り替えたE線を先生に見てもらいました。

ほぼ問題なかったのですが、ループをアジャスターに引っ掛けている場所だけ直してくれました。


私は、アジャスターの窪みに、ただひっかけていたのですが、

アジャスターって、よく見ると二股になっていて・・。

恐らく外れるのを防ぐためだと思いますが、片方に引っ掛けるように指導されました。

なるほど。文章だと難しいので、写真を載せます。写真で見ると、ちょっと小汚いなぁ。。(笑)

E線のアジャスター


さて、先生は、教本以外にも課題を出してくれます。

苦手の重音が入った先週までの課題曲は、「最終的には、慣れでしょ。」ってことでスルーしてくれました。


本日は、『Amazing Grace』

大好きな曲なので、めちゃめちゃ嬉しい!!!


でも、今週はこれだけ??

先生、忘れてる・・?今日やった他の曲、復習しとくか。。良い生徒だね。


今週の課題

『Amazing Grace』


E線が切れました(初)

恐れていたことが起こりました。E線がバチンッカエル


E線というのは、弾いてる人から見て一番右側の最も細い弦です。

A線(右から2番目)のチューニング中に、間違ってE線のペグを動かしてしまった。


私のバイオリンのE線のペグは、少しゆるくて(他のもそうなのかしら・・)

動かしてしまうと、E音付近で止めるのが難しい。


で、手加減を過ったのか、冒頭の事態に。

一瞬のことで、視認できませんでしたが、切れた~。


この前購入しておいた弦と交換することに。。。

やったことも見たこともないんだけど、ま、できるだろ。。

仕組みは簡単そう。


袋を開けてみたら球のはずがループだし、

一番安いのを買ったせいかペグに巻きつける部分のコーティング幅が少ない。。

ペグに食い込まないのか?


まぁ、次の弦はもう少し良いのを買うことにして、思いの外簡単に交換できました。


ちゃんとできてるのか・・・は、明日のレッスンで先生に確認してもらおう。







重音

隣室の電気が点いてたので、本日はチューニングと課題曲を数回、控えめに練習した。


課題の『雨だれ』(チェコ民謡)と『子供と子豚』(イギリス民謡)には、苦手の重音があり(2弦を一緒に弾く=和音?)、ネックです。


先生には、うまく音が出ない時は、弦と弓の位置をきちんと見るように言われるのですが、

私は、目をつぶってしまうクセがあります。「ひぇ~(。>0<。)」って。


言い訳をひとつすれば、、、消音器をつけていると弦と弓が接している部分は見えないのです。

次回のレッスンで、言い訳してみよう。。。無駄だけど。


教本の紹介サイトを見たら、今やっている教本の「64『リゴードン』までは、大人には恥ずかしい練習曲ですが・・・」と。


そうだよなぁ。。32才独女としても、少しばかり恥ずかしい。。次は『郵便屋さん』かなぁ。。

ま、童謡好きだし、歌うの好きだし、バイオリン弾くのも楽しいからいいや~さくらんぼがんばろ。



譜面台購入

今日は、後楽園近くのバイオリンのお店で譜面台を買った。


ずっとベッドに楽譜を置いて、座って練習していたのだけど、

それだと弓をDOWNしたときに、ひっかかるんだよね。。

立つと楽譜が見えないし。。。


「身体でかいんだから、もっと弓を大きく使え。」と先生に言われるもんで、

原因は、練習時の体勢にアリと勝手に断定。あ、先生の口調は、もっと丁寧です。


南北線沿線で譜面台を売ってそうなお店を検索し、発見。

本当は、御茶ノ水にでも足を伸ばせば良いのですが、乗り換え面倒くさい。。


行ってみると、ちょっと高級そうな店構え。。

愛器を購入したK楽器とはちと違うわねぇ。。

当然、N山ちゃん(K楽器の副店長)みたいな店員さんはいない。


なんとかMade in China の譜面台を購入。ついでに予備のE線も購入。


弦は、「玉ですかループですか?」って聞かれたけど、知らん。。

ちょっと慣れてる感じの店員さんを呼んでくれたので、購入した弦でたぶん大丈夫なはず。


最初の店員さんに「弦を変えたことないんですけど、できますかね?」って聞いてみたら、

「切って覚えるって言いますからねぇ」と物知ったこと言われたけど、

やったことない人間ができるのか。あるいは、どうすべきなのか。手順の説明等はない。。


いつも思うんだけど、バイオリンのお店の店員さんてさ、ちょっと愛想悪い?

もしかしたら・・・お客さんがスカしてるからかな?と、今日思いついた。


私もそんなスカした客になっていくのかしらぁ。。

いい気はしないが、それは成長の証か。。


と、思いつつ、ズブの素人なもんで、しばらくはN山ちゃんみたいな店員さんに接客して欲しいなぁ。


購入した譜面台は、なかなか具合良いです。






E線のチューニング

困るわ。E線のチューニング。

一番細い弦なので、切れそう。怖い!


前回のレッスンで、チューナーを使ったチューニング法を教えてもらいました。

E線は、大概ちっちゃいツマミ(アジャスター)でなんとかなるそうです。


先生に教えてもらう前に、勇み足ですがひとりでチャレンジ。

(チューナー買って、合わせるように言われたもんで。できるかなぁってやってみたんだけど。むっつかし~!)

E線のペグも大分動かしましたよ。大変でした。

音階も覚えてないので、チューナーに表示される「F♭?B♯?」と、自分がどこにいるのかも分かんね。。


しばらくは、練習時、チューニングに時間を割かねばならなそうです。

ここスムーズじゃないと、前に進めないですから。がんばらねば。


今週の課題

『新しいバイオリン教本-1』(音楽の友社)後半の「雨だれ」、「子供と子ぶた」。「家路(ドヴォルザーク)」


« »

07 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。