スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダンテ

今日は、2008年最後のレッスン。アラサーバイオリン、なんとか一年続いたよニコニコ


とはいえ今日は、練習不足・・。と、昼間、船橋のIKEAへ行き(往復3時間かかった)、初めてだったので興奮して4時間ほど動き回ったため、レッスン時はヘロヘロ。腹も減ってて、輪をかけてヤバイ状態だった。


取れてない音程も更にダメ。疲れと空腹と練習不足では、前進はナカナカ難しい。(バイオリンの音色という意味では、お風呂上りが一番調子良い気がする。ビブラートもかかりやすいし・・・(あくまで気がするだけw))


ハイドン君のセレナーデは、ハ長調なのだけど音程が微妙にずれており、音階練習をしてもらった。音程がズレてるときって、なんとなくおかしいのは分かるんだけど、なにがおかしいのかが分からない叫び

「全音と半音」というのを初めて意識した。ピアノの白鍵で、「ミとファ」「シとド」は隣り合ってるけど、それって音が「半音」違うってこと。と、以前レッスンで習ったけど、弦のどの辺がどうなのか・・・分からん。


今、ちゃんと意識して押さえている音は、最初に習ったニ長調とA線のド、E線のファだけなんだなー。後は適当。。。なのだ。。年末実家に帰ったら、集中特訓しよう。


「新しいバイオリン教本2-23 Andante(ハイドン)」が新しい課題。「びっくりシンフォニー」というらしい。

その昔、シンフォニー(=交響曲)の第2楽章で睡魔に襲われた観客をびっくりさせて起こしてやろうというハイドン君の魂胆。ウケる。気持ちはよく分かる。


で、ビックリさせるところに4音の重音があり、2音でも苦手なのに4音・・・か。2音もできないから、調弦も覚束ない。。。今のうちに克服しなければ!これもできなきゃ、弾いてみたい名曲を弾くことはできない・・。


でも、まー。ガツガツせずにゆっくりやろう。大人のお稽古のいいところは、自分のペースでできることだったり、ちょこちょこ興味のあることに自分から接触できたり、子供がなかなか行けないようなトコロにも行けることだったり、お金をかけられることだったり、遅く始めたなりのいいところもあるので、とりあえず目標はユルめにしとく天使


そうそう。今日の課題の「アンダンテ=歩く早さでカメ」みたいな感じ。

(先生に意味を聞かれて、すっかり忘れてるので「早く?」とか言っちゃったー。よく考えたらコマシャクレタ子供時代に「歩く早さって、みんな違わね・・?」て突っ込み入れてたよ。。。)


さて、久しぶりにこの覚書きを読み返したら、先生から何度も同じこと言われてることに気づいた。うううう。気づかなかった・・。書かないと、どんどん忘れて更に同じこと注意されそうだよ。来年もメモっとこメモ


今週の課題

・「新しいバイオリン教本2」-21ハ長調の音階練習(2オクターブ)、23「アンダンテ」(ハイドン)

・バイオリン協奏曲より(メンデルスゾーン)


・音階練習を時々やること

・松脂はつけすぎないこと・・・パンチ!

スポンサーサイト

そういえば1周年☆

課題の練習。月・火とサボってしまったので、今週初・・・。一応昨日の夜遅く、運指の練習がてら弦をはじいてみたけれど・・。


メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」 ホ短調 第一楽章よりをアレンジした練習曲は、誰かの忘れ物の楽譜をいただいたのだが(誰かさん、すみませんあせる)、楽しい~~~しっぽフリフリ

メンデルスゾーンなんて「紡ぎ歌」と「結婚行進曲」しか知らなかったけど、これもメンデル君なのかぁ。好きラブラブ


で、頭の中だけのイメージじゃなくてちゃんと聴こうと、YouTubeで検索し聴いてみた・・・ら、思ってた感じと違って、ずっと繊細で優雅だった・・。こんなのをいつか弾けるようになるんだろうかぁ。。


『メン・コン』というらしいです。メンデルスゾーンのコンチェルトだから。



ところで練習後に気づいたのですが、愛器のf字孔の上部が割れている~ショック!正確には、2センチほどのヒビが入っている。いつ割れたんだろう・・・・。そういえば昨日「ポ~~~~ン」という聴きなれない音を聴いた気がするが、その時か??


先生に教えてもらった「Dampit」(バイオリン用加湿器)は、マニアなので早速注文したもののまだ届いていない・・・。愛器のトリアージを誤り・・・余計な小物(ゴムとか)買ってた私って・・叫びあ、ゴムはゴム臭いけどいい感じよ。


ER(K楽器)に連れてく暇もないので、自宅で様子を見て週末に受診だなぁ。。そういえば今日は、愛器を買ってちょうど1年目のクリスマスイブ星空だったよ。

愛器よ、すまない。。。MerryChristmasブーケ11年間ありがとう!!


迷う・・3rdフィンガー

本日は、年に数回あるかないかの休日出勤の後のレッスンでちょっと疲れた。


というのは、仕事の後にレッスンにいくことになるかもしれないのでバイオリンを背負って出かけ→昼からビールを飲み(あくまで仕事です)→割と早く終わったので一旦家に戻る→が、帰りのメトロの中で寝てしまい→バイオリンを忘れ・・・→5駅ほど下った駅まで引き取りに行き→帰ったら荷物が届いており→ウチには宅配BOXがないため、郵便局までチャリンコ自転車で取りに行き→チャリンコの灯りが点かなくなったので自転車屋へ行き→このままレッスンも自転車で行こうかとも考えた→けど疲れそうなのでバスバスに乗り換えたり・・・したため。


今日のレッスン

クリスマスシーズンクリスマスツリーなのに、私生活ではクリスマスの盛り上がりが全くないため、せっかくのクリスマスソングなのに普通の課題曲になってしまった「きよしこの夜」と「HappyXmas」なのでした。。。(なんつーかイベントの目前に盛り下がるのは性格っす)


3の指の音が狂います。。1の指はテープを貼ってもらっているので、隣の2の指もなんとなく押さえ易い。でも3の指って「ココじゃないか!?」くらいの勢いで押さえてるので、おかしな音程になっております。何度教えてもらってもできませんあせる


まともに押さえられるようになるには、やはしよく音を聞いて練習してくしかないんだろうなぁ。。フレットをバイオリンにつけられない理由は以前教えてもらったけども・・・欲しいなぁ。。ついでにギターみたいにペグをねじ式にはできないんだろうか・・・できないんだろうなぁ。。ふぅ。

「HappyXmas」は、先生が伴奏のCDをやいてきてくださったので最後に合わせて弾いた。が、メタメタショック!テンポが速いのとBowingに少し工夫が必要だったことに全然ついていけなかった。。

年末実家に帰ったら思いっきり練習しよう・・クリスマス終わってるけど。。

そうそう、今日先生にセッションができるクラシックバーに誘っていただいた。楽器ができる人なら飛び入りで参加できるらしい。楽しそう音譜
だけどなぁ。。誰かに聞かせるなんて無理!!そういえば何度かバイオリン教室の発表会の話も聞いた・・・。「きらきら星」の頃ならば、怖いもの知らずで参加したと思うのだけど、練習するにつれ、自分のへたっぴい具合が分かるようになったので人前で弾くのは勇気がいる。誰かに聞いてもらう場がある方が上達するんだろうけど。。せめて簡単な曲でもいいから、練習用にアレンジされていない、原曲を弾けるようになったら出てみようかなって思った。

今週の課題
・新しいバイオリン教本2-20セレナーデ(J.ハイドン)
・バイオリン協奏曲より(メンデルスゾーン)

Touch&Pop

今日のレッスンも最初はチューニング。重音(苦手っす)を弾いて響きで合わせにゃならんのです。いつの日か・・。今は先生に上・下と言ってもらって合わせる。家でチューニングしたときも、重音を弾いて響きをチェックしてみるといいらしい。


※今日のレッスンで注意されたこと。


・新しいバイオリン教本2-19基本的なリズム練習

2/4拍子で三連符(スラー)が1小節に二つある練習曲なのですが、遅すぎたかたつむり・・・・みたい。弾けてきたら、臆せず早く弾いてみるように言われた。

子供の頃、習字教室で超スローなペース(たぶん常人の想像を絶すくらいw)で書初めを書いていて、先生に「勢いも大事」と言われたことを思い出した。性格なのか・・・。


・きよしこの夜

ビブラートのつけどころ

なるべくつけなくては流れ星と思ってたら、余計なところにまでつけてた~ガーン

というわけで「き~よ~し~」のところは、開放弦で弾くことになった。

正直、助かった。そっちの方が楽よ~ぶーぶー 音楽的な感想はない。。。いや、そっちの方が無理なくきれいに聞こえる気がする。。


弓の位置

たぶん、レッスンを始めた今よりもっと弓がおぼつかなかった頃、「もっと下の方で弾くように」言われ、それを意識してたせいかと思うのだけど、弓の位置が指版に近過ぎだった。「もう少し駒よりに」と先生に直してもらったらば、一気に弓が迫ってきた地下鉄ビックリマークように思ったけども、鏡に映して見てみたらふつう・・・・えっそのうち自分の弾いてる姿とか音とか、鏡で見たり録音したり、客観的に見てみないといけないな。。。


大きい(強い?)音を引きたいとき、高い音の弦では駒よりに弾くといいそうだ。低い弦ではそんなに駒に近づけなくってもいいらしい。覚えとこう。今はむっつかしーけど、だんだんできるようになるかな。


Touch&Pop

指使いが悪かったのか、運指の練習をした。自分では意識してなかったのだけど、音がブチ切れていたのか・・。脳トレです↓

①A音を弾く→②B音を押える→③A音の指を離す→④B音を弾く

なんつーか無声映画・・・コマ送りっぽい動き。しかもできない・・・突発的な動きに対応できない脳ドクロ。でも、これを意識せずにできるようになれば、音もなめらかになる気がする。練習だ!!!



今日もクリスマスバージョンのプレゼントプレゼントがあった。

何曲ものクリスマスソングを先生が弾いてくれて、その中から自分の好きな曲を課題に選ばせてもらった。楽しそうな曲とか知ってる曲もあって迷ったけど、JohnLennonの『Happy Xmas』にしました~~ラブラブ

大好きな曲!弾き語りもできちゃうかもにひひ音譜あ、歌詞覚えなくちゃ・・・。


『To Coda』とか繰り返しの記号が出てきた。すっかり忘れてる・・。To codaはcodaに行けばいいのよね。S+※みたいなのはなんだっけ・・・調べよう。

「♯が3つもついてますよ!!」って言ったら、「それが一番簡単よ~」って・・・。あ、教本1で習ったイ長調でした。。覚えてない。。。


今週の課題

・『新しいバイオリン教本2』-19基本的なリズムの練習(早いテンポで弾く)

・きよしこの夜 (指使いとビブラート、Touch&Pop)

・HappyXmas(JohnLennon) (スラーと♯♭に注意)



アキハバラ

風邪っぴきだったので、マスクでレッスンを受けた。あやしー。けども人にうつすより良いかと。。


レッスンの始めには、いつも先生が調弦してくれるのだけど、少しずつ自分でもできる合わせ方を教えてもらっている。

最初は、弦を指ではじいて・・・今は、開放弦を弾きながらチューナーであわせ、ズレていたら弾きながらペグを回す方法をしている。本日は、隣り合った2本の弦を弾きながら、5度違いをあわせる方法をやらせてもらった。

私は、音感がないので、5度なんて分からんのですが・・・、先生がもう少し高くとか低くと言ってくれて、なんとかあった(らしい)。独りで、できるようになるのか・・・は、まったく自信がない。


課題の新しいバイオリン教本2-18基本的なリズムの練習では、なんとビブラートが上手くなったと褒められた~~ニコニコ

何が変わったのかと聞かれたけど、ビブラートができてきてることにも気づいていなかったので、「さぁ。。。。おやしらず

そういわれれば、指の腹を離さずに弦につけておくようにとか、D線のVib(ビブラート)は肘を少し内側に持ってこようとか、気をつける余裕は出てきた気がする・・・。

なんにせよ、未だショボくれ汗ビブラートには変わりなく・・・(なんせ一番近くで聞いてる自分が気づかないくらいなので・・)、日々練習あるのみビックリマークなのです。


で、風邪カゼでボーっとしてたのか、褒められて舞い上がったのか、、、先生に指摘していただいた注意点などをすっかり忘れた。


楽譜を見て思い出してみる。。。


シューベルトの子守歌では、レガート(legato=連続する音を途切れさせずに弾く)ができておらず、美しく響いていないということだった。各音の最後までビブラートを続けるようにすると、ブチブチ感無く聞こえるらしい。なるほど。。。

練習中に難しかったDの1の指からGの1の指への移弦。ブチブチ感が否めず、2本を一緒に押さえちゃ駄目なのか??と考えたが、NO!だった。。Vibをつけたら、尚更駄目とのこと。。そか~。。。なんとかスムーズに動かさないといけないことが分かった。
あと4連符がぎこちない・・・滑らかに弾けるようにしなければぁ。。。ガーン


いよいよクリスマスシーズンということで、先生がクリスマスソング音譜を課題に出してくれた!今使っている教本にも「きよしこの夜」が載っているのだけど、残念ながらそこまで行かず・・・汗

シューベルトの「アヴェ・マリア」と教本とは違う調の「きよしこの夜」を選ばせてくれました~。


最近ゆったりめの曲が多いので・・できれば「ジングルベルベル」みたいなウキウキ系がいいなぁ。。。と思ったのだけど、、、こんな私って多分少数派だろうし・・クリスマスソングを弾けるってだけで楽しいからいっか。


「アヴェ・マリア」は安眠CDの1曲目なので、大いに興味があったのだけど、途中で調が変わる「きよしこの夜」をお願いしました。刺激を求めてみた。。


これからの課題はなるべくビブラートをつけて弾くってことで、「指使いも考えて弾けるようになりましょう」という長期目標をいただきました。うへぇ。。頭働かせるってのが、一番難儀です。。弓の動かし方も考えていかないと弓が足りなくなるし・・・。ううううう。できるのか。。。。ともあれ、やってみなくちゃ始まらん。


「きよしこの夜」には、5連符がでてきます。1拍(四分音符の長さ?)に5個の音を押し込まねばならんですモグラ

ふぅううう。なんか後半ため息ばっかりっす。。。が、ちょっと楽しい連符のリズムのつかみ方を教えてもらいました。



ヨヨギ・シンジュク・アキハバラ・ヨヨギウエハラ


ウケる。きよしこの夜の中にアキハバラが~もみじ


今週の課題

・『新しいバイオリン教本2』-19基本的なリズムの練習

・きよしこの夜(Gruber)


※クリスチャンの彼に上記の「きよしこの夜」の話をしたところ、「ジングル・・・」とは違う意味でウキウキソングだそう。誰かが生まれるワクワク感があるらしい。気づかなかった・・・。確かにスペシャルかも・・。


« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ishizaru

Author:ishizaru
三十路から始めたバイオリンのことを記録しています。2012年1月アメブロから引っ越してきました~。

訪問者数
バイオリンのブログ
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
iTunes
Amazon
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。